月別アーカイブ: 2014年9月

DSD用のRIAA再生用フィルタ、ならびにNAB再生用フィルタ

時間を見つけては少しづつRIAA用とNAB用 ( いわゆる38cm/2トラ, 19cm/4トラのオープンリールデッキ用再生イコライザ ) のデジタルフィルタ設計をしています。

レコード録音に352.8kHz/384kHzといったサンプリング周波数はいくらなんでもね~、といった気持ちはありますが、デジタルフィルタの係数を設計するだけであればやっておいて損は無いでしょう。

また、レコードのDSD録音というのも後処理を考えるとどんなものかな~、といった気持ちもあります。が、やはりデジタルフィルタの設計をするだけであればやっておいて損は無いでしょう。

ということで、fs (サンプリング周波数) がOctalスピードのRIAA用とDSD11.2MHzのRIAA用、 ならびにDSD11.2MHzのNAB用のフィルタを設計するところまできました。とりあえず、Octalスピード(384kHz)のRIAA用再生フィルタは、※既報のように96/192kHzに加えてAT1201ADC基板にインプリすることが可能です。

(※実際には、AT1201ADCユーザーの方でご連絡頂いた方にのみ通知していました)

DSD用のフィルタまでは回路に収まりきるかどうか微妙なのと、無理してDSDのRIAA用再生フィルタを入れることもないな、という気持ちがありますので、もしもDSD用のフィルタが入るようであればNAB用の再生フィルタを入れたい気持ちがあります。

なんともマニアックなことになってきました(笑

図は、順に、設計した352.8KHzのRIAA用再生フィルタ。DSD11.2MHzのRIAA用再生フィルタ、そしてDSD11.2MHzのNAB用再生フィルタの特性です。



ちなみに、DSDの方は都合で横軸の表示が20Hzから始まっています。