DSD256録音

現在、DSD256録音可能なADCとUSB I/Oをセットで貸出しさせて頂いておりますが(少し前のブログに書きました)、先日「ヴェクセルドミナンテ」さんという方が、1,000人くらい収容可能なつくば市のノバホールというところでご自身のプロジェクトで収録をされました。そこに当方の機材を混ぜていただき、2ch分だけお借りするかたちでDSD256ワンポイント録音をしていただきました。

音楽はピアノソロで、個人的な印象ですが、「ちょっと癒し系なジャズピアノ」といったジャンルと聴きました。心地よくて聴いていて引き込まれます。

写真の赤丸で囲まれた、EarthworksのQTC40(無指向性)からMillennia HV-3D-8というマイクプリへ送られ、当方のADC, USB I/Oで収録されるという構成です。このマイクプリはインバルのマーラーのワンポイント録音(都響の方です)でも使用されているほどの名器です。

一番右下がHV-3D。残りの6ch分をご自身の通常のプロジェクトに割り当てられたとのことです。ミックス時に、必要に応じて必要なトラックを使用されるのでしょう。

氏のHPではDSD256のサンプルも3曲分公開されております。再生環境をお持ちの方は是非聴いてみてください。

ヴェクセルドミナンテさんには色々と教えていただき、大変勉強になりました。ありがとうございました。

なお、録音装置は引き続き貸し出しをお受けしております。

USB I/O

USBを使ってPCからDSDを含むハイレゾ音源を再生しよう、そしてPCへ録音しよう、と思い立って試行錯誤を始めてからおそらく5年以上は経っているような気がします。

最初は独自アプリでバルク転送、そして標準クラスやASIOを使った録再へと少しずつ手段も変えてきました。一方、世間では標準クラスをサポートしたICチップも徐々に出てきて、市販のUSB DACでSTEREOのDoP再生などは当たり前になりました。

当方はといえば、割と長いことUSBによるオーディオ転送を検討してきて、最後というか終着駅に近いテーマとしてDSDのマルチチャネル録再装置をしっかり形に残したいと思うようになりました。

バルク転送で4chというのは最初からやっていますが、PCオーディオ標準アーキテクチャーである、UAA(ユニファイド・オーディオ・アーキテクチャー)に則ったかたち、具体的にはASIOに準拠したやり方で作りこめば、更なる多チャンネル信号でも、標準的なアプリケーションで録再が可能になる、というメリットがあります。

そんなことを考え、昨年の今頃に、”The DSD” とも言うべき emmLabsのADC8 MkIVという8ch ADCを中古で手に入れました。確か当ブログで記事にしました。

だいぶ遅くなってしまいましたが、ASIOで8chのDSD/PCM録再に対応するUSB I/O BOXを組み立てました。これはクロックを含む9本の信号をBNCケーブルでADC8 MkIVなどの外部単体ADCと接続し、8chのDSD/PCMをUSB経由でPCへ取り込むというものです。現実的には、DSDに対応したASIO録再可能な市販アプリはありませんので、UDA2録音再生基板用の”recorder.exe”を使用します。実はこのソフトはすでに8chまでのDSD録音に対応しています。

ASIOなので録音しながら信号を出力へ戻すことが可能で、I/O BOX内部のスペシャルUDA2基板にてDSD信号からレベルメータ用の信号を作ってお馴染みの8点LEDレベルメータ基板を駆動することが出来ます。写真はたまたまChannel Classicsから購入したマルチチャネルDSFファイルをFoobar2000にて再生しているところです。クラシックのアルバムはLFEが無く、実質5chが多いようです・・・。

実はこのBOXは写真のとおり、信号出口が4本しかありません(下段、1本はワードクロック)。BNCでは面積的、物理的に厳しいのです(;;^^ とりあえず8ch DACを持っていないので問題ないのですが (笑

8chのDSD/PCM録再のための回路というのは結構膨れ上がるもので、8ch分のレベルメータ用の信号まで作ろうとすると到底UDA2基板上のFPGAでは容量が足りません。 UDA2再生専用基板よりも容量の大きなFPGAを実装したUDA2録音再生基板のFPGAでも足りないので、更に大きなものを実装しました。

UDA2録音再生基板に載せたFPGAよりも容量の大きなFPGAはパッケージがQFPではなく、泣く泣くBGA用に基板をりファインするハメになりました。まあ、その辺は自家用ということでコストは度外視しています。

さて、やはり1年と少し前に、バルク転送で4chのDSDファイルを再生して2chにミックスするという実験を行いました。そちらの顛末?も当ブログで記事化した記憶があります。

これを少し進化させ、このUSB I/O BOXではミキサー専用のFPGA基板を更に1枚積んで、4つのステレオ・ペアを2chにミックスするためのピュアDSDミキサーを搭載します。基板はそれこそFPGAだけが積んであればよいので、ヒューマンデータさんのFPGA基板を使わせていただきます。

ASIOのコントールパネルから8chボリュームコントローラを呼び出して簡単なミックスを行うわけですが、小編成クラシックなどのアコースティックな録音ではこれで足りてしまうことも多いのではないかと想像します。

ここまでやっておけば現時点でとりあえず自己満足を味わうことが出来そうです。それにしても、この8chレベルメータ基板の「製造」には死ぬ思いをしました(笑 8×8の電流制限抵抗に8個のTSSOPシリ・パラ変換IC、そして8×8個のLEDの植林、さらには両面基板1枚ではパターン化できなかったので、基板2階建てになっており、2枚を9ピンヘッダx8個で連結していたりと、半田付けの労力が並大抵ではなく、散々でした (;;^^  外注へ出してもすごい見積もりが来そうです。

ついでにちなみにですが、ニーズがあるかどうかわかりませんが、ステレオ、およびマルチチャネルDSD/PCMの再生だけでしたら(レベルメーターもなし)、UDA2録音再生基板と同等の基板規模(搭載FPGA)で作りこむことが可能です。

(自作)ADC/DAC用電源Kit

何年ぶりかで、久しぶりに自作キットを買いました。

CQ出版のトランジスタ技術編集部から発売された低ノイズ独立3系統の電源キットです。専用のトランスを起こしたそうです。

設計はPLLで高名な遠坂先生。現在電源設計の記事を同誌にご執筆中です。

昨年夏ごろに仕様に関して相談されましたので、トラッキング方式の±電源(~15V)、ならびに独立の+電源2系統のトランス式電源が発売されれば嬉しい旨をお伝えしておりました。

市販の実験用トランス式電源でも、±両極電源に加えて単電源が2系統ある製品は見つけられず、不便な思いをしています。

±電源は6電圧の選択かポテンシオメータで可変させるかを選べるようになっています。当方は工作の面倒さもあってロータリーSWを削除してしまいました。

試していませんが(未完につきまだ火入れしていません)、+5Vを+6Vに変更するくらいなら出来るかもしれません。

ケースはたぶんタカチのUC。合理的なサイズで、理詰めで設計された高性能な電源ですので、DACやADCを自作される方は作ってみて損は無いと思います。

思いつくままに・・・・

今年も行ってきました。

洗足学園音楽大学の客員教授をされている安永徹先生夫妻が、毎年3月にその門下生による「発表会」においてご自身も演奏を披露されております。

今年は3/2(Sun)~3/5まで4夜連続という長丁場でした。都合が許せば毎晩通いたかったのですが、今年は3/2(Sun)と昨夜3/5の2回だけ聴きに行くことが出来ました。

昨夜のプログラムは、門下生によるベートーベンの ソナタ第6番と、ミヨーの「世界の創造」ピアノ五重奏版、そしてワインガルトナーのピアノ六重奏曲、というなかなかお目にかかれない演目でした。ワインガルトナーの六重奏曲は当方の好きな曲でもあるのです。

後者二曲については、1st Vn.を安永先生、ピアノを市野先生が担当し、門下生をリードする、という形で演奏されます。


例によって天吊のマイクが気になってしまう私は、待ち時間には天を仰いでしまいます。係りの方に聞いたところによると、収録するかどうかはケース・バイ・ケースで、学内の図書館で聴くことが可能な演奏もあるようです。

学生とは言っても、さすがに安永先生の門下生ですから非常に良い音楽を聴かせてくれます。すばらしい発表会で大いに満足させていただきました。関係者の方々にお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

それにしても、このような価値ある演奏会がガラガラの状態なのは本当にもったいないと思います。 一般の方にはあまり知られていない、というのはあるかもしれませんが、昨年「交響曲HIROSHIMA」のチケットを取れなかったことを考えると、なんだかなー、という感じがします。

ところで「HIROSHIMA」に関しては、CDも音は良くないと聞いており、買いませんでしたから、当方には実害?はまったくありませんでした。

楽曲に罪はありませんので、現代のマーラーやブルックナーに匹敵する、というようなことをおっしゃっていた先生がおられたような記憶がありますし、今後歴史がこの曲をどう評価してゆくのかは少し気になります。

最新のステレオサウンド誌での許光俊さんによる、話題の「同氏」に関するエッセイが興味深いです。ちなみに数年前の同誌紙上で、許さんがご自宅の装置を入れ替える顛末を書き綴られたことがありましたが、それ以来の先生のファンです。

(また話が変わりますが)同誌本号には、鈴木雅明指揮バッハ・コレギウム・ジャパンによる、バッハ「教会カンタータ全集」のSACDサンプラーが付録として付いてきます。

BISのSACDはDSD録音ではありませんし、CD層を聴いても、昔のBISの一部のタイトルのようなカミソリのような音とも違うのですが、全集10万円超は厳しい自分としては、このような企画は大変うれしいのです。

オールドマニアには有名なロベルト・フォン・バール氏はまだご健在で、現場にも出られると知り、少しうれしくなりました。

ちなみに・・・、 こんなことになっているようです。http://www.rme-audio.de/en_artists.php?page=content/artists/en_bis

同社は現在RMEのお得意さんのようです。ただ唯一、モニタールームのディスプレー脇に置いてある機材がStuder A77であるというのが、同社の昔から変わらないアイデンティティーを表しているようで、何故か懐かしくもうれしいのです。

退院しました

1ヶ月以上入院していましたがようやく戻ってきました。

各種モーター分解・清掃やベアリングの交換を含め、メカの調整に関しては工具も所有しておりませんし手が出ませんので、専門家にお願いしました。再生アンプ新調に関してはじっくり楽しもうと思います。

先ずは念のためジャンクテープをかけて走行系の動作確認をし、問題ないことが確認できましたので、先日入手したベームのバイロイト実況版「トリスタンとイゾルデ」の巻きなおしをはじめました。

ONKYO HF PLayer

ONKYO HF PlayerがVer1.10になったのに気がついてバージョンアップしました。

実は前バージョンではDSD (DSDIFFのみチェック) 再生時にPCM変換モード、DoPモードの両方とも私の環境では再生後3秒くらい過ぎると停止してしまい、DSDは使えない状態でした。

今回、バージョンしたHF Playerを使ってUDA2基板につなぎ、DoP再生が出来ることを無事確認しましたが、少しばかり残念感が漂う結果となりました。

再生中に一時停止ボタンを押して停止する場合は良いのですが、 リストの最後の曲を終わりまで再生して自動的に終了させた直後に大きなノイズが入るという症状が出ています。

通常こういう場合にはデータ転送のもっとも上流側、つまりUSBのバスをデータがどのように伝わってくるかを見てみることになります。

図の赤丸で囲んだ部分は、リストの最後の曲の最終データと、その後に続くデータをUSBのバスアナライザで見た結果です。

Lchデータが”0×56, 0×56, 0×05″、Rchデータが”0xAA, 0×69, 0×05″ (それぞれのchの3バイト目がいわゆるDoPマーカーというやつです) と来て、本来次からはPCMのゼロデータになってくれるはずなのですが、DoPマーカーがついたままデータ部分の2バイトだけが”ゼロ”でやってきてしまっています。この状態の間はUSB DACはDSD信号が続いていると解釈しますので、その間再生データはマイナス方向のフルスケールにデータが張り付くことになり、結果大きなノイズになってしまいます。

正しくは3バイト目も”0×00″で来てくれる必要があります。

下の図は自分で一時停止ボタンを押して止めた結果です。

こちらの場合はなぜか正しく”0×00, 0×00, 0×00, …..” と続いてくれますので、ここからPCMに切り替わったと判断してUDA2(DoP対応 DAC)は正しく動作します。

手持ちのDSDIFFファイルだけの問題かもしれないと思い、e-onkyoから最近話題のチェンバロ独奏の5.6MHz DSFファイルを買ってみました。ちなみになぜこのタイトルを選んだかといえば、マイクやマイクプリに本格的な機材を使っているからです。

それはさておき、残念ですがe-onkyoから買ったこのDSFファイルでも結果は同じでした (涙 ひょっとしてiOSを最新版にしたらOKになるとか (2/22追記) ==> iOSのバージョンを最新の7.0.6に上げてみましたが結果は同じでした。HF Playerの次のバージョンアップに期待します。それにしてもこのDSFファイルのチェンバロの音色が綺麗で聴き惚れてしまいます。

ひとまずHF Playerの次のバージョンアップに期待することにします(^^;;

それにしてもiPhoneで5.6MHzのDSDが普通に再生できてしまうというのは、数年前の状況を考えると格段の進歩です。 これ以上普及しているお気軽なDSDトラポは他には無いでしょうね。

iPhoneにUSB + カメラ・コネクション・キットで気軽にチョコっと繋いで使える一体型の超小型 DoP DAC基板が欲しくなってしまいます。

DSD11.3MHz(2ch)の録音環境をお貸しします

UDA2録音再生基板を組み込んだUSB-DSD録再ユニットと、AT1201を搭載したDSD11.3MHz録音対応A/Dコンバータの検証器のうち1台を貸し出し用にすることにしました(検証器を2台持っていました)。

実際に生演奏を録音する予定のある方に録音日を挟んで前後1週間程度お貸ししてプロジェクトで並行して使って頂き、DSD11.3MHzでの音楽ソースを作っていただけたら良いなと、思っております。

ただし、運用には難しい面があって、DSD11.3MHzで再生可能な気軽に利用できる市販の機器というものがありません(部品というか基板レベルでは存在しますが)。ですので、現状では「とりあえず収録することが出来ました」、で、終わってしまう可能性が高い、という点はご了承ください。

USB-DSD録再ユニットからはDSD-RAWで出力できますので、予めDSD5.6MHz でマイクセッティングやマイクプリのレベル設定をしておき、録音時に11.3MHzで収録(リアルタイムモニタはできないことになります)というパターンになるかと思います。その場合もDSD-RAWで受けられる機器をお持ちの場合に限られます。そうでない場合はUSBユニットのS/PDIFからPCM変換された信号でモニターします(この場合もDSD11.3MHz動作時にはPCM出力がありません)。

XLRバランス出力のあるマイクプリやミキサー側でレベル設定する必要があります。Windows PCが必要です。

希望される方はメールを下さい。
生演奏と書きましたが、録音したものを聴かせて頂けるかも知れないという下心が無いとはいえません(^^;;  。 期間は1週程度でお願いするかもしれませんが、もちろんレコードやテープの録音を試してみたいという方もお受けしますのでご遠慮なく。

以下は、音楽録音ズブの素人の無知なホザキになりますので、お時間のある方が読んでいただければ結構です。

当方は、一部昔のPOPSやROCKを聴く以外は主に後期ロマン派以降のクラシックしか好んで聴かない人間で、言ってみればアコースティックな楽器の発する音が演奏会場に放たれて渾然一体となって溶け合った音、でも各楽器の直接音も点音源としてしっかりと判別可能で、ホールの良い席で聴いているかのような音のする録音を良しとする人間です。

実は、前回の記事中で集めたCDならびにデータはすべてがその条件に当てはまる録音で(もしかすると生演奏より音場感のある録音?もあるかもしれません)録音フォーマットを意識させないで良い音で聴けるソースでした。

オールドマニアの方であれば長岡鉄男さんの外盤A級セレクション推薦盤だな、と、気づかれたことと思います。

いくら録音が良くても、中身がつまらなければ2度と聴かなくなることは長年の経験でわかっていますので、メジャーな曲をメジャーなレーベルでメジャーなアーティストが指揮・演奏したものに絞って入手したのでした。もちろん自分は今までに入手したことの無いタイトルに限っています。

で、やはりというか結果的にPHILIPSレーベルの録音が多いな、ということになりました。識者の方に聞いたところ、PHILIPSの録音はメインのステレオペアとサブのペアの計4本のマイクを基本として収録するようです。マスタリング時にはサブの信号を極微量メインの信号にミックスして仕上げるということのようです。

コンセルトヘボウのような響きの多いといわれる会場で4本だけのマイクで鮮明に録れるというのは驚きですが、長岡鉄男さんは楽器毎にマイクを立てて多数のマイクで収録してミキシングで2chに仕上げると前面整列型の不自然な音場(人によってはそうではないのかもしれません)になったり、音がギスギスしてきつくなったり弊害が目立つようになる、というような趣旨の主張をされていたように記憶しています。

結局、結果的に氏も基本的にシンプルなワンポイントステレオペアで収録されたソースを好んで聴かれることが多かったような気がします。

ワンポイントで収録すれば製作コストは低くて済むはずですが、現代の録音は多数のchで収録するのが当たり前になっているようです。1つの楽器に複数のマイクを立てることも多いと聞きます。

おそらくは商業録音としてのバックアップゆえの理由などがあるのかもしれません。収録後に万が一「聴こえない音(パート)」があったりしたら取り返しがつかない、などの理由が容易に想像できます。

ということでオーケストラの録音で4本程度の少ないマイクで収録されたソースというのは新しい録音ではそう多くは無いのかもしれません。

オーケストラは無理ですが、今年は自分でも生演奏の録音デビューをしようと思っております。基本はワンポイントですがマイクを4本立てて4chで収録しておき(DSD5.6MHzまでなら上記USB-DSD録音ユニットで4ch収録が出来ます)、必要であれば後でDSDミックスしてまとめてみたい、などと妄想しています。マニアならソースも作ってみたいと思うのは自然の道理? 50の手習い、ということで試行錯誤しながら勉強させていただきます。

音源仕入れ

CD音源をまた増やしています。買い始めると際限無くなる悪い癖です(とは言っても職業でソフトを聴かなければならない方々には到底及びませんが・・・)。

久しぶりに渋谷のタワレコへ寄りましたので下の3種をしめて1万円程度で購入。

Beatlesは例のUS Capitol盤リマスター。1枚だけ買ってみました。US製造ということですが、CD盤面に傷が無く、まるで日本製のディスクのようです。紙ジャケの出来も以前の’64リマスターに比べればはるかに良いデキです。紙が艶っぽいのが気になりましたが(Y&Tだけ?)、紙製のインナーもオリジナルを模していてレコード広告が印刷されていたり、と、コレクター仕様といえそうです。

物理メディアに加えてDECCAのサイトから旧PHILIPSはハイティンク-ACOのCDデータを購入しました。

 

「ははーん」と来た勘の良い方はやはりオールドマニアだと思います(クイズとしては意外に難しい?)。メジャーレーベルのメジャーなアーティストによるメジャーな曲で高音質な録音(のCD化されたもの)を選んでいます。どんなに音が良くてもゲテモノは除外することにします。これならSACDやハイレゾも裸足で逃げ出す高音質。逆に言えばこれらのタイトルをユニバーサル・ミュージックがハイレゾで出してくれれば、暗騒音や弦のピアニシモなどが更に柔らかくリアルに聴こえるのではないかと期待してしまいます。どうせ24bit/96kHzあたりでアーカイブされているはずですから一丁お願いします!

上記データ購入2点のうちのお目当ての曲のオリジナル盤は下記の2枚になります。

ベームのバイロイト実況版トリスタンは30年も前から買おうと思っていましたが、モタモタしているうちに悲しいことにOIBP化されてしまいました。でも、このCDでもかなり良いと思いました。帰宅後に第1幕を一気に聴いてしまいました。こいつのオープンリールテープも入手しましたので比べてみるのも楽しみです。

その他数タイトルのCDを米AmazonやHMVで見つけて発注しました。オリジナルのアナログ盤ジャケット画像は下記になります。

これもKontonさんという方がHPで貴重なデータを掲載してくださっているお陰です。

 

前向きな入院?

1年間後無沙汰している間にテープデッキが逝ってしまっていたと少し前に書きました。

本日、ヤマト運輸に来てもらってパソコンBOX-Dという梱包材を使い(\1,200します)、病院へ送りました。

そこで、エレキ、メカを問わず、部品交換を含む徹底的なメンテをお願いしました。健康になって、かつ美しくなって帰ってきてくれる日が楽しみなのです。

上の写真はスイスのStuder社のA80というプロフェッショナルレコーダーの再生アンプです。ヘッドから拾った微小な信号をNABのカーブで録音時と逆補正しながらラインレベルに増幅する基板です。

私のデッキは民生用のチャチな(それでも登場した30年前で20万円くらいしていた代物のようです)デッキで、Studer社の民生部門であるRevoxのB77という機械です。

再生アンプ基板は見るからに安っぽそうなベークライトの基板でできていて(過去の記事を探せば写真はご覧に慣れます)、上の基板のような高級感溢れる佇まいを見てしまうと、正直心中穏やかではありません。

実は、上の写真の基板はebayでイスラエルの会社から購入したものです。動作中のセットから抜き取った代物という触れ込みの1枚でした。都合4枚出品されていたので、今から考えると2枚落札しておけば良かったかもしれません。

とりあえず出力トランスが高価そうです(笑

暇を見て回路を研究し、B77の再生アンプ改造(入替え?)に役立てたいと目論んでおります。

PCM2DSD基板が入荷しました

お待たせしている方には申し訳ありませんでした。本日基板が入荷しました。

ところで、主にスピード狂?の先進自作ユーザー様のご要望により出来るだけオーバーサンプリングレシオの高い仕様で頒布させていただいてきました。

汎用の高速DFF ICを使ったアナログFIRフィルタ基板(いわゆる原理基板)によってD/A変換するには、サンプリングレシオが高いほうがフィルタ設計的に楽なこともあって11.3MHzか22.6MHzの1bitに変換する仕様でお分けしてきました。

一方で個人的にはオーソドックスにDSD5.6MHzに変換してDSD1794Aで使いたいという考えも出てきて、正月休みに現状のDSD11.3MHz or DSD22.6MHzへの変換版をベースに、新しくDSD5.6MHz or DSD11.3MHzへの変換版を作ってみました。感覚的には後者をノーマル版とすれば前者を玄人志向というか挑戦者バージョンといったような趣になりましょうか。

いずれにしても折角ですので今月分から、並行して両方の仕様でお分けすることにしました。ご注文頂ける方はご注文ページからよろしくお願いします。