月別アーカイブ: 2012年12月

今年を振り返って

年末モードになってきました。

ブログの更新もしばらくサボってしまっております。バタバタ忙しい日常が続いておりますが、皆様はいかがでしょうか。

1年を終えるにあたって今年のオーディオ生活を振り返ってみると、我が家にメーカー製の機器が2,3機種増えました。年の初めにMytekのDSD DACが我が家にやってきました。最初は動作が不安定でどうしたものかと思いましたが、今はES9018を搭載するDSD-RAW/SDIF-3入力対応のDACということで重宝しております (一般的にはDSD再生が可能なUSB DACという位置づけの製品)。

年央にはオルトフォンの真空管アンプであるKailas b2という機種を手に入れておりましたが、しばらくの間死蔵していました。

今年も終わりに近づいた頃に、ある先輩からアナログプレーヤー一式を頂き、一時期 ebayでレコード集めに夢中になっておりました。すべて北米から普通のAIR便で取り寄せましたが、全部きちんと届きましたし、梱包も中身もしっかりとしたものでした。やはりアメリカ人は民度が高いな~、と、今更ながら感心しています。

さて、カートリッジにオーディオテクニカ ( なんでも、最近は「オーテク」と略すようですね) のVM型を付けて頂いており、そのままメインで使用しているのですが、所有するアンプのスロットに挿入するタイプのフォノイコ基板を購入したものの、結局は上述のKailas b2をフォノイコとし、このアンプのヘッドフォン端子にHD650を繋いで聴く音が妙に気に入ってしまっております。プレーヤーがしっかりしたものだと、アナログは実に素晴らしいことを20数年ぶりに再認識しました。

昨年はコンサートには行けませんでしたが、今年は9月の終わりにAOKIインターナショナルさんの招待コンサートに当選し、家内とオーチャードホールに出かけてきました。

大友直人さん指揮、新日本フィル演奏 のドボルザーク「新世界」と「チェロコンチェルト」の組み合わせでした。

ソリストは宮田大さんという20代の、小澤征爾さんお気に入りの若者で、水戸室内管弦楽団とのコンサートで共演も済ませている演奏者ということもあり、私はコンチェルトの方を非常に楽しみにして臨みましたが、期待を裏切らず素晴らしいコンサートでした。

CDデビューも果たしており、私も購入させていただきました。写真を撮るのが面倒なのでHMVのサイトから拝借。

購入してから気が付きましたが、DSD録音だそうです。小澤さんによると「おとなしい(すぎる?)」演奏なのだそうですが、20代でこれだけのことを成し遂げるというのは素晴らしいですね。世界中を舞台に活躍してほしいと思います。

最後になりますが、基板リリースに関して、UDA基板、P2D基板、ともにある部品が1点だけ欠品しており、その入手状況に左右されるのですが、無事に入荷すればUDA基板は年内に、P2D基板は年明けの正月休みの終わりくらいにリリースしたいと思いますので、どうかよろしくお願いします。

実装日程に間に合うようにもれなく部品を調達する、というのは零細事業主にはなかなか難しいことなのですが、使っていただける方にはできるだけ広くお分けしたいと思います。

まだいろいろ片づけなければならない仕事があり、年内にブログの更新ができるかどうかわかりませんが、どうか皆様もお風邪をひかないようにお気を付け下さい。