UDA BULK ASIO対応に関して(その2)

申し訳ありませんが、アップデート作業は全自動とは行きませんでした。
作業は少し複雑なので、行うことの概要を最初にご説明します。

アップデートするデバイスは、

1.サイプレス社USBマイコンのファームウェアを格納したEEPROMと呼ばれる不揮発性メモリ
2.FPGAの回路情報を格納したコンフィグレーションROMとよばれる不揮発性メモリ

の2つになります。それぞれの書き換えのことを、USBマイコンの書き換え、FPGAの書き換えと称することにします。対象はUDA基板のRev.1.0から1.61までとし、それ以降の基板は対象外となります。

Rev.1.01基板。懐かしいほぼ初代基板です。

Rev.1.61 最終リビジョン。

アップデート作業は、

1.USBマイコンがFPGAの書き換えを実行する
2.PCからUSBマイコンを書き換えを実行する

の、2段階となります。
サイプレス社のUSBマイコンは通常、電源投入後にファームウェアが格納されたEEPROMからプログラムを読みだして動作を開始しますが、このUSBマイコンはUSB経由でPCからファームウェアを直接ダウンロードして動作することもできます ( その場合はEEPROM上のファームウェアは使われません )。

そこでまず、

1.PCからUSBマイコンにFPGA書き換え用のファームウェアをUSB経由でダウンロードする
2.USBマイコンがFPGAを書き換える
3.PCからUSBマイコン用ファームウェアをUSB経由で転送してUSBマイコンを新BULK転送用に書き換える

という順番で実行します。

以降は次回の記事に….。アップデート説明書を書きましたのでここに置きます。興味のある方は先行でご確認いただければと思います。説明内容に不明点がございましたらメールにてお尋ねください。