ElectrartのFPGAショップ

トップページ > プロダクト > SHOP > UDA(DoP版)基板

リバーシブルなUDA(DoP版)基板

USB DUAL AUDIO基板、略してUDA基板といいます。DUALの意味は、大きく「2種類のモード」があるという意味です。
その「2種類」とは、

①JP1にヘッダピンを挿して両端をショートし、かつJP4を抜いた状態で起動すると、独自のドライバを用いてUSBのバルク転送という方式でオーディオ信号の録再が行えます(録音は録音対応版のみ行えます)。
独自方式ですので、録再アプリケーションも専用アプリのみの対応となりますドライバとアプリは基板発送時にダウンロードリンクをお知らせしております)。
このモードでは、24bit/192kHzまでのWAVファイル、ならびに64fs, 128fsのDSDIFFファイルを再生することが可能です。また、64fsのSDIF-3, あるいは64fs, 128fsのDSDRAWフォーマット信号をDSDIFFファイルに録音することが可能です。付属のBNC入力ヘッダ基板を経由してWORDクロックと2chのSDIF-3, あるいはDSDRAW信号を入力します(UDA基板との接続の様子はこちら)。なお、BNC入力ヘッダ基板は録音対応版のみに付属します。
バルク転送アプリケーション(PlayAudio)の説明書
使用できるのはWindows(XP SP3以降)環境です。このモードを「バルク転送モード」と呼びます。ドライバのインストールにあたっては、XPへのドライバ導入方法Vista以降へのドライバ導入方法を参考にしてください。

②JP4にヘッダピンを挿して両端をショートし、かつJP1を抜いた状態で起動すると、アシンクロナス転送に対応する標準のUSBオーディオクラス2.0に準拠した再生専用USBオーディオアダプタとして動作します。このモードを「アイソクロナス転送モード」もしくは「オーディオクラスモード」と呼びます。

ドライバをインストールすることなく、Mac OS X(10.6.5以降, Mountain LIONは未確認), Linux(Ubuntu11.10以降), iOS4.2以降(iPad)で24bit/192kHzまでの再生実績があります(すべての環境で動作保証をするものではありません)。ちなみに、iPadでは必ずセルフパワーで使用してください。

また、Windows用にはASIO対応のクラス2.0ドライバーが付属しますので、多くの環境で44.1kHzから192kHzまでのPCM信号を再生することができます※3。

さらに、"DSD Audio over PCM Frames Version 1.1"対応のアプリケーションを使って、64fs, 128fsのDSDファイルをDSDネイティブ再生することが可能です。現在のところ、Mac OS X 10.6.5以降(Lionは非対応)ではAudivana Plus 1.2.1以降、WindowsではXP(32bit版), 7(32/64bit版)上でFoobar2000 (Ver1.1.11)+ASIO出力プラグイン、およびこちらのHPのプラグインを使用して64fsならびに128fsのDSDが再生できることを確認しています。
関連Blog記事:
Audivana PlusでDSD
Foobar2000でDSD

「バルク転送モード」、「アイソクロナスモード」ともに、UDA基板最大の特徴はDSD信号が扱えることです※1。

PCMはS/PDIF端子から出力しています。また、RJ24、I2Sといったシリアル・デジタル出力がありますので、技術者に準ずる方、あるいは電子工作の心得のある方は、別売りのDSD1794Aデジタルドメイン基板※2を使ってUSB DACを構築可能でしょう。
DSDはS/PDIF端子から88.2kHzのPCMに変換されて出力しています。また、DSDクロック、DSD出力が取り出せますので、技術者に準ずる方、あるいは電子工作の心得のある方は、DSD1794A デジタルドメイン基板※2を使って、DSD再生可能なUSB DACを構築可能でしょう。
さらに、DSD1794A差動出力完成基板であれば、電源とUDA基板を接続するだけで最小のお手間でPCM/DSD再生をシームレスにお楽しみいただけます。
※1「バルク転送モード」の専用アプリはWAVとDSDIFFフォーマットのみの対応となります。
※2 現在頒布中の「DSD1794Aデジタルドメイン基板」はI/V変換、LPFのアナログ回路部分は搭載されておりません。
※3 添付のクラス2.0ドライバの最低必要スペックは、2006年以降製造のCore2Duo 1.6GHz以上, メモリ2GB以上搭載のマシンとなっています。

特徴

 

基板画像、および使用説明書


UDA(DoP)基板

動作確認済みの上で出荷します。製造は国内の実装専門工場に依頼。  UDA(DoP)録音非対応版は \23,500 / 枚


UDA(DoP)基板の付属品

稼働に必要な片側バラタイプのワイヤーハーネスが付属します(写真とは内容が必ずしも一致しません)。


UDA(DoP)録音版基板の付属品

録音対応のDoP版にはBNC入力ヘッダ基板が付属します。UDA基板自体にもワードクロック処理のための回路が追加されます。UDA(DoP録音対応版)は1セット\30,800。


UDA(DoP版)基板の取扱説明書

Windows用オーディオクラス2.0ドライバーインストール説明書

基板部品面図

オプション頒布基板


DSD1794A基板

① DSD1794Aデジタルドメイン基板(基板のみ)。 \1,500 / 枚


録音レベルメータ基板

② 録音用のレベルメータ基板セット内容(IC3個とチップケミコン1個のみ付属)。 \1,000 / セット


DSD1794A差動出力完成基板

DSD1794A差動出力完成基板。 4層基板。アイソレータでデジタル信号を受け、PCからのデジタルノイズが回り込まないように基板レベルで配慮しています。\34,800(受注生産)   全てのUDA基板で使用できます。


PCM4202DSDRAW完成基板

PCM4202DSDRAW完成基板。 4層基板。発振器は汎用品をソケットを介して実装・納品します。DSDRAW出力回路(DSD128fs)の手前でアイソレータにて絶縁。 \28,800(受注生産)  UDA(DoP)録音対応版のみで使用できます。  製造中止品です。


PCM4202DSDRAW完成基板の回路図

DSD1794A差動出力完成基板の回路図

DSD1794A差動出力完成基板の部品表 (実際に実装されている部品です)

PCM4202DSDRAW完成基板専用ケース図面(タカチUS-200H)

レベルメータ基板回路図

レベルメータ基板接続説明書

DSD1794Aデジタルドメイン基板回路図

ご用意いただくオプション基板用SMT(表面実装)部品リスト

頒布情報等

動作確認済みのUDA(DoP)録音非対応版は1枚 23,500円となります。 UDA(DoP)録音対応版は1セット30,800円となります。各オプション基板のご注文は、こちらからお送りする確認メールへの返信時にお知らせください。

お住まいの地域に応じて、別途下記のとおり送料がかかります。合計金額をお振り込みください。

なお、アプリケーションソフトについては、発送のご案内メールに添付してお送りいたします。

県内 北海道 東北 関東 東京 東関東 信越
神奈川県 北海道 青森県
岩手県
秋田県
山形県
宮城県
福島県
栃木県
茨城県
群馬県
埼玉県
千葉県
東京都 山梨県 新潟県
長野県
600円 1000円 700円 700円 700円 700円 700円

北陸 東海 近畿 中国 四国 九州 沖縄
富山県
石川県
福井県
静岡県
愛知県
三重県
岐阜県
滋賀県
京都府
大阪府
兵庫県
奈良県
和歌山県
鳥取県
岡山県
島根県
広島県
山口県
香川県
徳島県
愛媛県
高知県
福岡県
佐賀県
大分県
熊本県
長崎県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県
700円 700円 800円 900円 900円 1100円 1200円

※「県内」とは、同一都道府県内においてその引受け及び配達を行うものをいいます。

こちらの製造上のミスにより万一動作しない場合には、初期不良期間1か月として返金対応させていただきます。不適切な取扱(電源逆挿し、過電圧印加、端子ショート、接続間違いなど)を原因とする破損、不動作については(修理可能であれば)有償修理対応とさせていただきます。

(6/1) UDA(DoP)基板はディスコンとなりました。今後はUDA2基板へと移行させて頂きます。

ご購入申し込みページへ移動します

特定商取引に関する表示