月別アーカイブ: 2013年6月

PlayAudio for UDA2

バルク転送用ソフトウェアのアーカイブ( 随時更新しています )に、UDA2基板専用のPlayAudio.exeを追加してあります。

また、Windows8用のバルク転送用ドライバを追加しました( 旧基板共用 )。64bit環境のみテストしています。既存のWindows7用ドライバがインストールできない場合にはお試しください。

バルク転送専用の旧USB AUDIO基板などで録音した4chのDSDIFFファイルをロードすると”4ch DSD”に自動でチェックが入ります。この時、”3ch/4ch DSD output to 1ch/2ch pin” をチェックしておくと、3/4chの信号が1/2chのピンに出力されます。STEREO DACで4ch DSDIFFをモニターする場合にお試しください。

ところで、バルク転送は本来データ転送の等時性が保障されない転送方式とされています。オーディオやビデオの再生には一般的にはアイソクロナス転送やインタラプト転送を用いますが、最近のPCはパワーがあり、オーディオ程度のデータ量であればかなり高速に転送できる「事実」を利用し、PC側から高速に送信しようとするオーディオデータを、基板側の水晶発振回路で生成されたオーディオクロックの速度で「堰き止めて」やることでファイル再生を実現しています。

したがって、UDA基板のバルク転送中は他のデバイスによるUSBバスの使用は極力控える必要があります。たとえば、USBストレージからのファイル再生は、場合によってUSBバスの取り合いになり、音跡切れなどの原因になる可能性があります。特に高い転送レートが要求されるハイレゾデータの場合にはご注意ください。

さて、お待たせしておりましたUDA2再生専用基板が入荷しましたので、希望される方はこちらのページからご注文をお願いします。(在庫が終了いたしました。)

DSD 11.2896MHz 録音してみました

今更ですが、DSD 11.2896MHz (DSD256) でレコードの録音をしてみました。アップサンプリングではないTrue DSD256です。

プリアンプからA/DコンバータBOXまでXLRケーブルで信号を導き、ワードクロックとステレオのDSD信号を出来立てのI/O BOXへ接続します。

録音に使ったソースはこれ、

懐かしいWingsです。CD化されています ( 新品では現在入手困難 ) が、どうもその音が好きではないので私にとってレコードは必須です。

片面で28分と少し・・・、これでファイルサイズがわずかとはいえ、4GBを超えてしまうのであまり現実的とは言えないかもしれません。

4ch I/O box

半田付けが結構しんどかったです!

4chレベルメータ基板, Octalスピード対応FS LED基板, BNC入力基板, 同出力基板。これら4枚の半田付けだけでヘロヘロになってしまいました。目もショボショボです・・・。

下のA/D変換器と同様、タカチ電機にUS-320Hのカスタム加工をお願いして4ch I/O boxを組み上げました。中のメイン基板はもちろん検証中のUDA2録音再生基板です。

ちなみに、A/D変換機用の電源基板も半田付けをしたのでした(;;^^ しばらく半田付け作業はしたくないですね。

 

これで形が出来上がったので検証作業も進むと思います。

ちなみにAT1201 DSD256/PCM384kHz 2ch出力基板は, 回路&パターンを少し変更して第2試作の基板製造を発注済みです。来月頭には実装も終わった第2試作の完成基板に火入れができるはずです。

AT1201基板、動いています

本日実装業者さんから、AT1201, 24bit-384kHz/ DSD256 対応A/D変換基板が上ってきました。

早速火入れです!!

とりあえず火は吹きませんでしたので安心しました。ざっと見てみましたが、どうやらきちんと動作しているようです。明日以降で性能が出ているかどうか評価してみようと思います。

ところで、このAT1201というチップは、DSDは基本的にDSD256のみを出力できるようです。 DSD128やDSD64を基板として出力したければ、1bit DSDと同時にマルチbit モジュレータ出力(11.2896MHz=256fs)が出ていますので、「本質的」にはこのマルチbit出力信号にデシメーションフィルタを掛け、1/2, あるいは1/4のレートに間引いてから1bit-DSDを作らなければなりません。

この基板にFPGAを載せてそこまでする気はありませんので、とりあえずDSDは256fsのみ、PCMは44.1kHzから384kHzまでの選択という仕様の基板となります。

現状ではDSD256で録った後でDSD128が欲しくなった場合、安直に済ませるなら、DSD256のファイルをバイナリエディタで開いて”FS  “セクションの最後尾の値を”11,289,600″から”5,644,800″に書き換えてAudioGateで”DSD64″に変換し、出来たファイルをまたまたバイナリエディタで開いて”FS  “セクションの値を今度は “2,822,400″ から “5,644,800″ に書き換えるという、安直とは言い難い作業が必要になります。

ちと面倒くさいのです(;;^^

OS X 天晴?

まずはMac OS X ML の AudioMIDI設定をご覧ください。

実験用にUSBマイコンのディスクリプタを変更してみただけなのですが、どうやらOS X ML はAudio class2.0 で8chマルチを32bit/192kHzまでサポートしているようです ( このディスクリプタは録音のみ実装しています)。

つまり、32bit/176.4kHz 8chのデータ量をアイソクロナスでUSBの転送帯域を確保して吸い上げてもらえるはずなので、同じデータ量である5.6MHz DSD の8chレコーダは構成できる、ということになります。

データ量は1マイクロフレーム(125uS周期)で705-706bytesになりますから、1個のパケットで送信できます。この倍のデータを転送しようとなると、USB2.0のHiスピード転送における1パケットあたりのバイト数では転送ができませんので、1マイクロフレームあたり2回に分けて転送する必要が生じます(広帯域転送モード)。

どうやらOS Xではclass2.0のドライバは広帯域転送モードをサポートしないのでしょう。残念ながらOS Xでは標準ドライバを使う限り、11.3MHzのDSDは4chまでしか転送できないということになりそうです。

要は、OS X MLならclass2.0の標準ドライバを使ってEMMlabsのマイトナーADCが吐き出す8ch DSD5.6MHzを録音する装置は実現できそうです。 残念ながらAT1201を4個使った8ch DSD11.3MHz ADCを作ったとしてもOS X ( のclass2.0標準ドライバ)では無理かな、というところのようです。

試作ADC基板

AT1201を搭載したADCの試作基板が入荷しました。

中央左寄りの半田剥き出しの実装面がA/D変換チップであるAT1201用のランドです。量産品はQFNパッケージといって、足が出ていないパッケージになります。さらには、底面は放熱を兼ねたGndプレーンであるサーマルプレート状態になっています(スミマセン、写真は省略)。

実装業者さんに実装資料を渡して見積もりをお願いしたところ、「実はご相談がありまして・・・」と電話がかかってきて、このパッケージ (AT1201) は難易度がかなり高いので 、メタルマスクを起こしてくださいと頼まれてしまいました。

手付半田をお願いするつもりでしたが、まだ試作の1回目なのにメタルマスクを作成しなければならないとは(;;^^・・・。

電極も狭いのでディスペンサという注射器みたいなツールでクリームはんだをピュッと塗ってやるのも厳しいそうです。確かに非常に細かいですし、見るからに難しそうです。

ともかくお任せするしかありません。

ここまでの開発費用もそれなりにかかっていますし、動かなかったら結構残念だな~