月別アーカイブ: 2014年11月

USBDAC基板 ==> USDA_MINI基板

ちょうどUSBDACの生基板も在庫が尽き、最後の方では需要も萎んできたように思われましたので、USBDAC基板は一旦休止することにしました。

一方で、PCM4222基板の検討など、一般的なUSBDDコンバータ基板をもってないと何かと不便だということを思い知り、勝手ながら11月配布分からUSDA_MINI基板というものに変更させていただくことに致しました。

この基板はUSBDAC基板のUSBDDC部、つまり左半分を活かしてDAC部分を削除した形になっていて、同時にDCジャックとHDMIコネクタを取り、汎用のコネクタを増やしています。

DACとのインターフェースは、変則的なPCM1792A用を止め、昔のUDA, UDA2タイプに戻しています。

基板の機能は春先に少しの間お頒けした「USDA基板」のそれとほぼ同じものにしています。サイズはUSBDAC基板の左半分ということで、UDA基板を2周りほど小さくした感じです。

基板の準備ができましたので、頒布を希望される方はこの頁からご注文をお願いします。一つ上流の頁からアクセス頂く場合は、USBDAC基板の右上にUSDA_MINI基板はあります。リリース順としては逆に並んでおります。

なお、同じこの基板を使って、PCM4222録音用のUSAD_MINI基板というものも、場合によってはリリースさせていただくかもしれません。

どうかよろしくお願いいたします。

PCM4222システムについて頂いた質問

まだ9名の方からのリクエストしか頂いておりませんが、いくつか質問を頂きましたので回答します。

その前に、システム構成のブロック図を置いておきますのでご覧下さいませ。

見にくいと思いますので、こちらをクリックしていただければPDFファイルが開くようにしてあります。

UDA(DoP)基板のFPGAとUSBマイコンのファームウェアを書き換えることにより、この様な構成で、PCMは44,100Hzから192,000Hzまで、DSDは2.8MHzと5.6MHzの信号をDoPにて録再可能なシステムになります。バルク転送モードは使用できなくなりますが、USB Audioクラス2.0で動作しますので、一般的な録音再生アプリを使用して録音・再生を行うことができるようになります(Windows / Mac OS Xなど)。

特に、VinylStudioというソフトウェアを使用すれば、お手持ちのアナログソースからデジタルライブラリの作成が簡単に行えるようになることが期待できます(有名でないソースの場合はアルバム情報をマニュアルで打ち込まなければならないでしょう)。

MUSEの電子ボリュームを搭載していますので、PCから入力信号のレベル設定を簡単に行うことができます(±31.5dB)。

なお、あくまでも録音のためのシステムですので、UDA(DoP)改基板にはPCM4222基板を接続しておかないと再生動作もできない構成になっています。

また、UDA(DoP)改基板の空きコネクタ数(ピン数)の制約により、DSD1794A差動基板のモード設定をするためのI2C制御ピンはありません。したがって再生はS/PDIFのみと割り切るか、モード制御の不要なDAC基板をご用意できる方に適しています(I2S/DSD出力コネクタの仕様は従来と変わりません)。

以上のように制約も多いので、UDA(DoP)基板が余っていて、かつ録音を手軽に行うためのシステムを構築したい、と考える方に適しています。

接続するDAC基板の制約を取り除くために、新たにUSAD_MINI基板というUSB録再基板をリリースする可能性があります。この基板ではDSD1794A 差動基板が使えるようにI2C制御ピンを設けています(DSD1794A差動基板自体の再リリースはかなり微妙ですが・・・)。

UDA(DoP)録音基板も本プログラムの対象になりますが、一部基板上の部品を削除する必要があります。

いずれにしても、UDA(DoP)基板は余らせていても、録音するアナログソースや、その再生機器をお持ちでない方には関係が薄いという面はあります。最終的に20名前後の方に指示を頂ければ良いのですが・・・。

 

PCM4222基板とUDA基板

しつこくこの話題ばかり続けていますが・・・。

UDA2基板の1つ前のUDA(DoP)基板を余らせている、という方がある程度いらっしゃるようです。そこで、このADC基板の新規配布と、UDA基板をお預かりしてデータを書き換えてDoP録音版にする、という企画はどうかなと考えています。

もう少し具体的に書きますと、PCM4222とMUSES72320を搭載するADC基板を、この2つのICとPCM4222回りのRC表面実装部品のみを半田付けして \14,000程度、そしてUDA基板をDoP録音対応にする改造(データ書換え)を\3,000程度で同時にお受けするというものです。

ただしDoP録再は5.6MHz DSDまで、PCM録再は24bit/192kHzまでになります。I2S再生は(録音時のモニタも含みます)、DSD1794A差動基板用のI2C信号 (I2Sではありません。DSD1794Aの制御用の信号です) を引き出せるコネクタが足りませんので、DSD1794A基板が使えません。マイコン等による設定が不要なDAC基板がお使いになれるか、あるいは録音用と割り切って再生はS/PDIF経由で構わない、という方向けになります。

書換え後のUDA基板は、PCM4222基板とペアで動作するものになります。

対象となるUDA基板は、2012年4月以降のWindowsクラス2.0ドライバー添付バージョンとなります。2012年1月から3月までにリリースしたUDA基板に関しては、Windowsのクラス2.0ドライバを添付できませんので、Mac OS Xでのご利用に限られますが ( ドライバーベンダーとの契約条項により制約を受けております関係で何卒ご了承ください)、ご希望があれば書換えに対応させて頂きます。

もしも希望される方が20人を超えて集まるようでしたら、ADC基板の作成を行いたいと思います。

希望される方はHPのご注文頁から 「UDA基板書換+PCM4222基板」を選択して必要事項をご記入頂き、送信頂ければ幸いです。

http://fpga.cool.coocan.jp/electrart/order.html

仕様に関してご質問がある方は、送信される前にメールにてご質問ください。