月別アーカイブ: 2009年10月

USB AUDIO、その6

写真は撮っていませんが、リビジョンの上がった基板での検討が始まっています。お気づきでしたでしょうか?以前のリビジョンの基板では、0.5mmピッチのFPGAから2本のリード線による改造が入っていたのを・・・。

最近ではこの手の作業はかなり辛いものとなっていますので、専門の工場に改造作業お願いしています。

さて、新しいリビジョンの基板では機械によるハンダ付け(リフローといいます)を行いましたので、仕上がりの美しさと信頼性が高まっています。

少しづつですが、FPGAのロジックやアプリのバグ取りが進んでいます。FPGAにはもう少し機能を実装しなければなりませんが、そろそろ先が見えてきました。

USB AUDIO、その5

ここのところ、ありがたいことに受託設計業の方が忙しく、残念ながらあまり進んでいません。

検証のため、4ch録音したDSDIFFファイルを、2chのデータ2つに分解するアプリをMFCで作ってみました。このアプリは基板の添付品になる予定です。このあと、録音したDSDIFFファイルをWAVファイルに変換するアプリも近々製作予定です・・・。

SDRAM_DAI for PCM1794A 最終頒布です

ありがとうございました。終了させていただきます。

PCM1794A用のSDRAM_DAIですが、今回で頒布を一旦終了させていただきます。どうもありがとうございました。

お手数ですが、こちらのページからお申し込みをお願いします。

なお、年が明けてもまだご要望がたくさんあるようでしたら再リリースを考えます。

USB AUDIO、その4

少しずつ前進しています。

A/Dコンバータ前段のアナログ・フロントエンド基板が出来上がってきましたので、STEREOチャネル分だけ実装して繋いでみました。アナログ回路だけに面積が大きくなり、1枚でUSB基板と同じ大きさです。

さて、USB基板のハードとアプリも、先程4ch対応ができました。

問題は、録音した4chのファイルをどうやってハンドリングするかですが、たとえば176.4kHzのステレオWAVファイル2個に分割する、などが考えられます。編集用途なので32bit浮動小数点データのWAVファイルにも変換できるようにしないと面白さが半減しそうです。そうすることによって、汎用DAW等でミックスダウンを楽しんだりできるのでは、と考えています。この辺の変換ツールは別アプリを作って対応することに・・・・。

レベルメータはLED駆動用パルスを4ch分シリアルでFPGAから出力し、別基板でシフトレジスタIC等でパラレル化してLEDアレイなどを光らせるようにしようかと考え中です。

「再生」モードの方も進捗があります。以前描いて発注しておいたDSD1794A基板が、工場から上がってきました。これも時間を作って部品を実装し、DSD/PCM両対応の再生を確認したいと思います。

USB AUDIO、その3

USB REC/PB バルク転送アダプターですが、残念ながら目を見張るような進展はありません。このところ新規の受託開発案件を頂いていることもあって、なかなか思うように時間が取れないのが主な理由です。

ただ、サポートフォーマット全てにおいて録再の各モードが動作するようになり、だいぶ形が見えてきました。

とは言っても、まだまだ実装したい機能・仕様も沢山ありますし、動作もまだ怪しいところが少なからずあります。「使える」様になるにはもうしばらく時間がかかりそうです。

倍速DSDの4ch録音機能はまだ未実装(汗 アナログフロントエンドも2ch分しか入力していなかったりします。歳のせいか?たまにユニバーサル基板を組むと結構疲れますが、近いうちにOPA1632を使ったフロントエンド基板が中国の工場から出来上がってきます。

最初のバージョンは再生機能に物足りなさが残るかもしれませんが、Windowsアプリは徐々にアップデートできるというメリットがあります(微妙な時期にWindows 7がリリースされるのが非常にいやらしい)。

USBチップのファームウェア、FPGAのロジック回路、そしてWindowsアプリ(何といまさらMFC)、と、結構大変なんです。長い目で見て頂けると助かります。

・・・なんとか、11月の終わりまでには形にしたいと思っております。

ONKYO ND-S1について

iPodからデジタル信号を取り出せるトランスポートということで、Wadiaに続いて、最近ではONKYOからND-S1という機器が販売開始になりました。

そろそろiPodデビューしたいなと思っておりましたので、手持ちのBeatles関連CDをすべてApple Losslessで取り込んでCD棚を整理しようと、新しい5th Generation nanoとセットで購入しました。

早速すべてのBeatles関連CDをiTunesに取り込んでnanoに転送しました。そして、SDRAM_DAIに繋いで再生を開始したのですが、「あれっ?」、FSの表示が48kHzとなってしまい、メモリーバッファーモードにすると早回し再生になってしまいます。

iPodに取り込んだ音楽ファイルはすべて44.1kHz/16bitの信号なのに、再生すると「ND-S1から出力するデジタル信号」のチャネルステータスフラグには、48kHzを示すフラグが付いてきているようです。

USB経由でのPCからのデータについては、入力信号のFSに応じた正しいチャネルステータスフラグが付いてくるようですが(実はこちらの方は自分ではまだ確認していません)、iPodモードで再生すると、音楽ファイルのFSにかかわらず48kHz固定のチャネルステータスフラグが付いてくるようです。

これについてONKYOのサポートセンターに照会したところ、

  1. iPodモードでは音楽ファイルのFS(サンプリング周波数)にかかわらず、48kHz固定のチャネルステータスフラグを付けてデジタル出力している。
  2. チャネルステータスフラグを44.1kHzでなく48kHz固定にしたのは、そのほうが音が良かったという判断である。
  3. 上記「仕様」は、ハードウェア的に固定されているので修正はできない。
  4. 上記「仕様」は、S/PDIFの規格であるCP1201には厳密には準拠していない。
  5. 市販の大多数のDACでは再生できるので製品仕様は変えるつもりはないし、クレーム対応に応じる予定も無いが、今後の対応として、カタログ等にお断りを入れるなどの方向で考えている。

という見解をもらいました。

確かに、ONKYOサイトの商品仕様を見ても、デジタル出力がS/PDIFであるとはどこにも書かれていません。それでもほとんどのDACはDAIレシーバーICが復調したクロックに基づいて動作しますから、なるほど再生には問題ないでしょう。私個人としてはND-S1の仕様は奇妙だと思いますが、「S/PDIFには厳密に言って準拠していない」そうなので微妙なところです。

ND-S1が上記のような仕様ですので、大変残念ですがSDRAM_DAIで44.1kHzのファイルを再生するには、メモリーバイパスモードでお使い頂く必要がございます(FSLEDは48kHzを示しますが)。SDRAM_DAIは入力S/PDIF信号のチャネルステータスを見てFSを判断するという仕様のため、このような結果となります。ご不便をおかけしますが、ご了承ください。

—-  以下、独り言です。 ——————————-

まだND-S1を開けていないのですが、USBモード時はPCM270*系、iPodモード時はDIT4***系を使用しているらしいです(とあるサイトの情報)。だとするとUSBモード時は自動的に正しいFSを示すチャネルステータスフラグが付いてくるのは納得です。

DIT4***系を使ってハードウェア的にフラグが固定されているということは、どういうことなのでしょう。データシートをさらっと眺めただけの感じでは、チップをハードウェアモードで使用した場合、スータスフラグを44.1kHzに固定するのであれば、”CSS”というピンをGNDに落とすことで簡単に実現できそうですが、48kHzにするにはそれなりにパルスを作って”CSS”ピンに入力しなければならず、設計の負荷は少し増しそうです。これを本当に「音が良い」という判断でわざわざ行ったのであれば、オーディオメーカーとして大した姿勢だと思います(個人的には、パルスを作って入れるよりもGnd固定にした方が音に良い方に影響するような気がしますが)。

もしかすると、Appleのチップ(あるいはiPod内部)からはFSを示す信号が来ておらず、チャネルステータスのFSフラグは何らかの値に固定せざるを得ないのかもしれません。たまたま何らかの理由でそれを48kHzにせざるを得なかった、というのが本当のところのような気がします。

気が向いたらお腹を開けて解析してみようかと思います。もしもDIT4***系をハードウェアモードで使って「固定」にしているのであれば、”CSS”ピンを持ち上げてどこかGndにつなげるだけでフラグは44.1kHzに固定できるはずです・・・(そうすることで、何かほかの問題が噴き出して来る可能性はありますが)。ソフトウェアモードで使っているとしたらお手上げです。

ひょっとしてONKYOはCDプレーヤーでも48kHzのチャネルステータスフラグを付けてデジタル出力を出す機種があるのでしょうか?

ヤンソンス / コンセルトヘボウ

以前、ハイティングが同オケを指揮したブルックナーの第8番を紹介しましたが、こちらもコンセルトヘボウ管の演奏になる、ブルックナーの第3/第4交響曲のカップリング盤です。指揮はヤンソンスさんです。

このシリーズはコンセルトヘボウ管の自主制作レーベルだそうです。

前作の第8番もそうでしたが、ホールトーンが豊かで弱音がとびきり美しく、非常に音場感に優れた優秀録音だと思います。そのうえ、強奏部分でも混濁したりつまったりせずにスカッと抜けてくれる感じのする、実にすばらしい音質のSACDです。

なんでも、ポリヒムニアの手になる録音で、Benchmark社のADCを使って88.2kHz/24bitで収録されたそうです。当方的には、ポリヒムニア録音は大歓迎で、Benchmark社の製品を使用というのも、1時期DAC1ユーザーだったこともあって嬉しかったりします。これはお勧めです。

コンセルトヘボウといえば、やはり以前紹介しましたが、春先にNHK BSHiで放送された「シューマンのピアノ協奏曲」と「ブルックナー第9交響曲」のブルーレイディスクがいよいよ発売になるそうです。なんでも、放送時と違って超高音質だそうですので、録画はしてありますが、当方も予約を入れてしまいました。

なお、当日の演奏はNHKのために収録されたそうですので、SACDでのリリースは残念ながら無さそうです。

さて、凄いニュースが飛び込んできました。年末に、伝説のショルティー・ウィーンフィルの「ニーベルングの指輪」全曲盤が、ESOTERICの手になる例の復刻版シリーズで遂にSACD化されるそうです。