月別アーカイブ: 2013年4月

情報を頂きました

先日の記事でA/D変換ボードのレベル設定手段として、秋月のMUSEキットを紹介しましたところ、関連する情報を2件頂きました。

1件目はご紹介いただいた方ご自身で進めておられるプロジェクトで、最大で8個のMUSES72320を同時コントロールでき、それぞれで左右バランスとマスターボリュームからの差異を設定できる仕様なんだそうです。マルチチャネルのA/D変換機にも使えそうですね。

掲示板やYouTubeで公開されているようですので、URLを記載します。

http://www.youtube.com/watch?v=parT1w4BqPQ

http://open-circuit.bbs.fc2.com/ (CrossOverとかかれたスレッドだそうです)

2件目は、あのタキオニクスさんの電子ボリュームコントロールマイコンです。

電子ボリュームICは我が日本製のMUSEではなく、香港の半導体メーカーの製品です。これを制御するマイコンを独自に開発して販売されています。かなり以前から別の複数の電子ボリュームIC用に、制御マイコンを開発して販売されています。

ゲイン別に3種類のパターンのマイコンをリリースしていますが、出力可変タイプ127dBタイプが、-111.5~+15.5dBまでとなっており、テープやフォノイコの出力をA/D変換ICのダイナミュックレンジにピッタリ収まる程度になんとか足りるかな、といった感じでしょうか。

最近は忙しくて新しいオーディオ半導体情報や、おもに海外のオーディオボード情報から少し遠ざかっていますので、こういった情報を頂くと勉強になります。どうもありがとうございます。

それにしても、ここの読者の方々は、ウチのような「秘境ブログ」も訪ねて下さるような方々ですので、海外の秘境からもいろいろ面白いものを発掘される名手揃いだと感じております。

A/D変換IC 三つ巴

TIのA/D変換ICの評価ボードは大体入手しています。古くは、バルク転送版USB AUDIO基板用の評価に使用したPCM4204EVMで、これは4ch DSDが出力可能なものでした。何故にTIかというと、DSD出力が可能だからです。

そしてコアは同じであろうと思われる2ch版のPCM4202EVMも入手して、PCM4202DSDRAW完成基板を作る際のリファレンスにしました。PCM4202DSDRAW完成基板はPCM4202EVMとそっくり同じ特性になりました。

参考までに、1kHz-20dBの正弦波をA/D変換した際のスペクトラムを示します(PCM出力)。下の写真で上からPCM4202, PCM4204の順になります。

そして最近、PCM4222EVMを入手しました。

一番世代の新しいICでしょうか。TIも頑張ってDSD出力可能なA/D変換ICを出してくれますが、残念ながら単体の業務用高級A/Dコンバータへの採用例は私の知りうる限りではまだないようです。

この評価ボード(A/D変換IC)は、旧製品より性能が向上しているようです。

これを見てしまうと、もはやPCM4202を使ったA/D変換ボードは新たには起こせません。仮にやるとすればPCM4222を使いたいところです。

ところで、使いやすさを考えると、録音レベルの設定はA/Dボードで行えると一番便利です。

最近秋月電子のHPを見ていたらMUSEの電子ボリュームを使った電子VRキットが出ているのを見つけました。

左右独立で調整できないのでオープンリールからの録音には使いにくいところがありそうですが、フォノイコからの信号なら使えないかと思って購入してみました。

が、残念ながらこのキットは(当然かもしれませんが)出力レベルのある程度大きなデジタルソースをパワーアンプに送り込むための用途を想定しているためか、プラス方向のゲインが+8dBまでとなっており、フォノイコやアナログデッキの出力をA/D変換ICに入力するにはゲインが十分ではありません。

MUSEのIC自体は+31.5dBまで設定ができるので、ボリューム制御のプログラムが公開されていればソフトを改造して何とかできる可能性はあるのですが、現状では残念ながらもう1段どこかでゲインを稼ぐ回路が必要になりそうです。

ということで便利なA/D変換基板については、また振出しに戻ってしまいました。

原器

『SACD黎明期の録音には大抵このA/Dコンバータが使われていた』 と謳われるSACDの原器のような8ch ADCが中古業務器市場に放出されていました。良い機会ですので、後学のために清水の舞台から飛び降りる気持ちでゲットしました。

外観は傷だらけ、録音現場の最前線で活躍してきたのでしょう。

空冷ファンが煩すぎるので、早速PC用の静音FANに交換しました。ボールベアリングからすべり軸受けに替えるだけでかなり騒音レベルが改善されます。

 

XLRのアナログ入力が8ch, そして、BNCのDSD出力が8chになります。SDIF-3/DSDRAWともにDSD128まで出力可能です。

ワードクロックはマスタとスレーブに対応。本器の出力するワードクロック(44.1kHz)によって、本器の吐き出すDSD信号を、2ch分のみですがUDA(録音版)基板は、受け止めることができます。

とりあえず、プリアンプのXLR出力を入れてレコードの録音を「楽しみました」。 レベル設定は本器ではできませんので、プリアンプのボリュームで行います。