月別アーカイブ: 2011年8月

ワードクロック

暑さの質がここにきて少し変わってきました。皆様はエアコンが使いづらい夏をどう過ごされましたでしょうか?

さて、唐突ですが、ワードクロック ( 44.1kHz ) から 256fs のクロックを作るやり方について必要があって考えてみました。

TIからCDCE913というVCXOのシンセサイザが出ているというのを以前ある方から教えて頂いたことがあります。これは、外付けの水晶振動子を使い、高名なPLL用ICである74HC4046と一緒に使ってワードクロックから256fsを作りましょう、というICです。

推奨回路を見ると、結構部品点数が多く、ICの仕様に適合する水晶振動子を探すのも結構大変で、使いやすいとは言えないように思いました。マイコンからの設定も必要になるようでして、ちょっと敷居が高いです。

たとえば、3.3V仕様のVCXOをどこかの発振器メーカーに特注して、CD74HC4046Aと組み合わせたほうがやりやすいようにも思います。

とはいうものの、CD74HC4046には、使わないVCOが入っていて、必要な分周器が入っていない、というジレンマもあります。

そこで、CD74HC4046Aから、必要になる部分、すなわちPFC(位相・周波数・比較器)だけを抜出し、これと必要になる分周器を一緒にCPLDに入れてしまおうと考えました。そうすればあとは三田電波あたりのVCXOと位相比較器の出力後のフィルタだけを外付けにすればよく、デザイン的に美しいと・・・。

 

主な部品はCPLDとVCXOということになってすっきりとするのではないでしょうか。図中の1/Nはこの場合には1/256になります。

CPLDの中身は、VHDLで次のようになりました。

ごめんなさい。図を作ってしまってから気が付きました。1/N の分周機能はCPLDの方に入っていますので、図で、VCXOと1/Nの間の信号がFS256となります。

8月分の再リリース

お盆休みで事業所がお休みのためか、東電管内では幸運なことに電力供給が危機的な状態にはなりませんでした。どういうわけか関西の方で電力危機となりそうな気配です。関電は原発依存率がおよそ50%にもなっていたんですね。いったいこれからどうなる(するつもり)のでしょうか?

どうやら運よく計画停電等の実施など、逼迫した状況には陥りませんでしたので、今月分のUSB DUAL AUDIO ( UDA ) 基板をご用意することができました。在庫がある間、頒布させていただきますが、次回は10下旬まで入荷はありませんので、ご了承をお願いします。

(8/18) 在庫がゼロになりました。大変申し訳ありませんが、10月下旬の入荷までお待ち頂けますようにお願いします。

ご注文はこちらからお願いします。

ショスタコヴィッチ・交響曲第5番

と、いうわけで少し遅れましたが、表題のALTUSレーベル非圧縮シングルレイヤーSACDを購入しました。

1973年の東京文化会館ライブだそうです。NHKが収録したこの演奏(ムラヴィンスキー指揮・レニングラードフィル演奏)は、おそらくFM放送で流されたのだと思いますが、非常にしっかりした録音ですし、アナログマスターから丁寧にA/D変換されたのだと思います。

第1楽章、弦が滑らかで一糸乱れず美しい響きを奏でています。定位が良く、各楽器の位置が良くわかります。残響というか、ホールトーンはかなり少な目に聴こえます。文化会館ってここまでデッドだったかな?という感じがしないでもありません。また、録音の帯域バランスがなんとなくFM放送を目的としたものか、と思わせるようなところはあります。

それにしても、曲が終わるかどうかというタイミングで我先に「ブラボー」と叫びたがる人は昔もいたんですね(笑

ショスタコヴィッチの第5番というと、佐渡さんのBPOデビュー盤の方が話題をさらいそうですが、このALTUS版も良いSACDだと思います。

実は、地震の後、本当に久しぶりにじっくりと音楽を聴きました。今年はSACD(CD)もほとんど買っていなくて、 SPも梅雨ごろまで床に寝かせておいたほどでした。天候不順が続いたおかげで世間様の電力使用量に余裕のある日が続きましたので、アンプのSWを入れて心からくつろぎながら鑑賞したわけです。

そうしていると、オーディオファンというか音楽ファンとして、新しいSACDソフトが欲しくなってきます。

ユニバーサル・クラシックのSACDで、チェックしていないタイトルが増えていましたので、久しぶりに確認してみると、ベームや、あとカラヤンのチャイコフスキーなども出ているではありませんか!

ということで早速HMVでポチってしまいました。