月別アーカイブ: 2013年11月

ベルリンフィル

およそ30年ぶりにベルリンフィルの演奏を堪能してきました。

場所はミューザ川崎シンフォニーホール。BPOにとっては、震災で崩落した天井を修理して復活してからは、このホールでは初の演奏会となります。

 

なんといっても樫本大進さんのソロでプロコフィエフの第1コンチェルトが堪能できるとあって、期待で胸が膨らみます。今回はこの曲がお目当てなのでした。最前列から5列目の指揮台の真後ろに陣取らせていただきました。視覚的にもオーディオ的にも最高の場所かと。

演目は

  • シューマンの交響曲第1番
  • プロコフィエフのバイオリンコンチェルト第1番
  • ストラヴィンスキーの春の祭典

の3曲です。

コンサートマスターはダニエル・スタブラヴァさんでした。あれ?樫本さんではないの?と、最初思いましたが、考えてみれば2曲目でソリストの大役を果たされるのでコンマスの仕事からは解放されても不思議はないでしょう。

1曲目のシューマンには1st Vn としても樫本さんは参加されていませんでした。そういえば町田さんも見当たりません。あっ、清水直子さんはちゃんとビオラのTOPに座っておられました。その他、どこの国の方かは存じ上げませんが、アジア系の方も数人見受けられました。日本人奏者がさらに増えている?

シューマンが終了すると早くも休憩に入り、第1、第2ヴァイオリンが隣り合わせに、ビオラが向かって右側になるように配置換えです。指揮台が心持右側に移動してソリストの立ち位置を確保します。

そして樫本さんが登場し、いやが上にも期待に胸が膨らみます。特に生演奏で第3楽章が聴ければ本当に幸せだろうと思っておりましたので、ベルリンフィルで樫本さんのソロを堪能できたのですから最高です。終了後はブラボーの嵐でした。清水さんもいぶし銀のような音色で十分楽しませて下さいました。ステージかぶりつきなので弦楽器の動静ははっきりわかります。

何度も何度も繰り返されるカーテンコールの最後に樫本さんがステージ中央まで進んでこられて、一瞬何かを言いたげ、というか、何か一言話そうとしたのですが言葉にならずに引き返すというハプニング?があり、一瞬微笑ましい笑いが沸き起こりました。

最後の演目は「春祭」です。気がつくと町田さんが1st Vnに参加されていました。そして何気なく最後尾を見ると、なんと樫本さんが団員と談笑しながら座っています。えっ、と思いながら見ていると、スタブラヴァさんがニコニコしながら弓で樫本さんに前へ来いとゼスチャーで指示しています。会場に笑いの渦が沸き起こりました。大役を果たされた後なので、さすがにお役御免ということで、かつての団員、土屋邦夫さんのようにうしろから前の奏者を煽る役目を果たされていました(笑

それにしてもベルリンフィルの春祭はダイナミックレンジがものすごいですね。もしかしたら他のオーケストラよりも数dB高いのかもしれません。個別のパートも各奏者の名人芸を十分味わうことが出来て幸せな一夜でした。

樫本さんによるBPOとのプロコフィエフは「デジタルコンサートホール」のアーカイブで楽しむことが出来るようです。SONYによるオリジナルのDSD録音も是非聞いてみたいものです。

レコードであれば、新しいものでは下のSACDはポリヒムニアの録音なので良い音で楽しめます(当方も愛聴しています)。先日の来日インタビューでサイモン・ラトルさんは、BPOも自主制作のCDやBDのリリースを始めると語ったそうですので期待が高まります。

 

 

UDA2録音再生基板とAT1201 A/D変換基板のリリース

だいぶ遅くなってしまい、期待していただいた方にはご迷惑をおかけしましたが、UDA2録音再生基板をリリースします。

資料等がまだ未整備ですが、週末のうちに何とかしたいと考えております。基板自体は週明けより発送が可能です。

AT1201 A/D変換基板は手載せ+リフローによる部品実装をお願いしました。マウンタで打ってもらってリフローしてもらえばもう少しコストを抑えられますが、録音の需要は過去の経験から再生オンリーの場合に比べてかなり少ないことがわかっております・・・。ご了承ください。

念のために特性は1枚1枚アナライザで確認しました。枚数が枚数なのでバラつきもありません。

 UDA2録音再生基板とDSD1794A基板などのDAC基板を一緒にひとつの筐体に組み込んでしまえば録音時のモニターは苦労しませんが、上の写真のような、UDA2録音再生基板とBNCコネクタによる入出力基板のみを組み合わせたI/O BOXを構成して使用する場合には、モニターにはBNCコネクタで接続可能な適当なD/A コンバータが必要になります。

私の場合、こんな用途にはBNCコネクタによるDSD入力の付いたMytekのDACが役に立ちます。サイズ的にベストマッチングかもしれません。

I/O BOXのBNC入力にA/DコンバータからのワードクロックとDSD信号を接続し、BNC出力はMytekのワードクロック入力端子、ならびにDSD入力端子へと繋ぎます。Mytek側では”Sync”は”WORD CLOCK”に設定します。

残念ながらDSD 11.3MHz録音時にはMytekでは受けられませんので、あらかじめDSD 5.6MHzで音出しをしながらマイクセッティングなどを追い込んでおき、すべてのお膳立てを整えてからレベルメータを頼りにDSD 11.3MHzによる録音へ移行、といったフローにならざるを得ないかと思います。

 とにかく、2ch録音であればAT1201 A/Dコンバータを繋いでDSD11.3MHzやPCM384kHzによる収録が行える、というのと、業務用の8ch DSD A/DコンバータのBNC出力から4ch分を繋いでDSD 5.6MHzまでの4ch録音が行える、というのがUDA2録音再生基板の特徴ということになります。

自炊ネタ・・・です

AT1201 A/D変換基板とUDA2録音再生基板をケーシングして最終動作確認を始めています。

 

 AT1201 A/D変換基板が大飯喰らいなので、電源部が大きくなってしまい、かなりズングリな「デザイン」になってしまいました。

タカチ電機のUS-200LHというアルミケースを加工してもらいました。

A/Dのモード設定はリアパネル側から変更できるようにしています。

 実地検証というか、ホールで生演奏を録音試験できればベストですが、とりあえずアナログレコードからの自炊でテストです。

愛知県日進市にお住まいの、筋金入りの音楽ファンにしてP2D基板のユーザーでいらっしゃるMさんに教えていただいた、バーンスタインのNYフィル時代の「グランドキャニオン」です。もともとは「ラプソディ・イン・ブルー」とのカップリングで、CBSから発売されていた国内盤をご紹介いただいたのですが、優秀録音盤なのでぜひとも状態の良い盤が欲しくなり、ebayを徘徊して 、単体のおそらくはオリジナル盤であろう米コロンビア盤の ” sealded new ” をゲットしてしまいました。

この優秀録音版を、AT1201 A/D変換基板やマイトナーADCでA/D変換し、DSDはSDIF-3やDSDRAWといったI/Fで、PCMはSDIF-2(マイトナーADC)といったI/Fで出力している信号をUDA2録音再生基板で受けてPCへ取り込みます。

ebayを徘徊中に懐かしいタイトルに遭遇し ( しかもなんと ” sealded new ” ) 、つい食指が動いてしまいました。

これも未開封シールド品ということで迷わずゲットしてしまいました。懐かしい「鳥の羽」柄のジャケットです。

これらカラヤンの2枚はオーディオ的には面白いものではありませんが、昔アナログで散々聴き込んだタイトルはやはりアナログで聴くとホッとするような感じがするので不思議です。