月別アーカイブ: 2009年7月

カラヤンのカルメンDVD

カラヤンのカルメンDVDがユニバーサルミュージックから廉価版シリーズで再発売されました。

実は、同じカラヤンによるワーグナーの「ラインの黄金」と同様、2008年にNHKによってHD化された映像が放映されています。

不覚にも、「ラインの黄金」とともにこちらの放送も見逃しており、悔しい思いをしておりましたが、ふと立ち寄った?Amazonでは3,000程度で購入できるので、思わずポチッてしまった次第です。

どうせ近いうちにBDに焼き直されて発売されるんだろうと思いつつ、PS3で視聴を始めましたが、なかなか画質が良いので関心しました。

まさか、HD化されたマスタからダウンコンバートされたもの、というわけでもないと思いますが・・・。

このDVDもストーリーはアホらしいですが、娯楽作品・音楽作品としてなかなか楽しめますね。第1幕の最後の方で、カラヤン自身が出演しているところが、なんとも自己顕示欲の強いご老体という感じがしますが。

以前当ブログで書かせて頂きましたが、RCAからカルメン(カラヤン/ウィーンフィル)の復刻版SACDがリリースされていますが、こういったDVDを観た後でこのような音声のみのソフトを聴くというのが、オペラの理解への近道になりそうです。

PCM1795って何だ?

ラジオ技術を書店でペラペラめくっていたら、TIの河合さんという方の記事が出ていました。TIも32bitのデルタシグマDACをリリースしてきたようです。

発表されたデータを見ますと、TIの評価ボード通りに基板を描けば、-150dBの信号がそれと認識できるというような内容だったと思います。旭化成が出してきて実際に製品に使われ始めたので、対抗上やむなくリリースしてきたような感じでしょうか。

実は仕事上で、FPGAの機能にI2Cのスレーブを入れ込むということをよくやるのですが(お客様に要求されるのです)、FPGAの回路をハードウェア記述言語(ソフトウェア開発に使うC言語のようなイメージ)で構築する際に、机上で動作シミュレーションするために、相手方(要はFPGAのレジスタを設定するCPUの方を指します)の動作もハードウェア記述言語で構築する必要があります。

何が言いたいかというと、通常は安いマイコンでPCM1795などのレジスタ設定をするところですが、I2Cマスタの機能を回路で構成できますので、CPLDに焼きこんでPCM1795のレジスタ設定をしてみました(もちろんPCM1792Aなどもやろうと思えば一緒です)。仕事の関係でI2Cのアナライザなどもやむなく?所有していますので、設定がきちんとできているかどうかの確認も楽にやらせていただいています。

残念ながら、バラック基板にPCM1795を載せて設定をしてみたというだけで、実際に有用に使い倒し始めました、という話ではありません。こんな感じの基板があればいろいろ実験ができるのにな~、といったところです(回路定数は適当です)。 

作ったI2Cの回路は、11.2896MHzとリセットを入れてあげて、リセットが解除されると、左右2つのDACのアドレス16から21までを順番に設定し(初めにLchを設定し、次にRchを設定)、設定が終わると今度は順番に設定したアドレスのレジスタを読みだすというものです。読み出しが終了したら次にリセットがかかるまではうんともすんとも言いません。

PCM1795のデータシート25ページめの、「Write Register」を2つのPCM1795に対して行い、次に「Read Registerを」2つのPCM1795に対して行います。「Register Address」に先頭値の「16」番地を入れると、あとは実際の値だけを6回続けて(21番地まで)書き込んでいきます(アドレスはPCM1795内で自動的に「1」ずつ進んでいきます)。

読み出しも「Repeated Start Condition」というのが追加になるだけで書きこみとほぼ同じ動作をします。

確認した限りでは、きちんとACKが帰ってきますし、書きこんだ値が読みだされていますので、所定の動作をしていそうです。ちなみに、CPLDのリセット解除はPCM1795のリセット解除より遅くなるようにしてやることが大切です(少なくともシステムクロック1024発分以上は・・・)。

ALTERAやXILINXのツールは無料で使えますので、経験者の方だけでなく、挑戦されたい方は下記のソースをコンパイルして適当なCPLDに書きこんでみて下さい。規模的にはXILINXならXC9572XLあたりに入るはずです。

各レジスタの設定値を変えるためにどこをどう書き換えてコンパイルすれば良いかは、ソースをご覧になってご想像下さい(現状は適当な値が入っています)。 たぶんわかりやすいと考えています。2つのDACのスレーブアドレスは上の回路図のようにしてください(それぞれのADD0とADD1)。

著作権は私、ElectrArtが所有しますが、ご自身の検討目的に限ってご自由にお使い頂いて結構です。動作保証、サポートはございません。自己責任でお願いします。

I2C_MASTER.vhd

DSD2S/PDIFデシメーション・フィルタの今後

(’09/09/20)終息いたしました。

SCD-XE600やDV-S757Aなどに組み込んでSACDのDSD信号をPCM(S/PDIF)に変換して出力する、DSD2S/PDIFデシメーション・フィルタ基板ですが、数人の方から「再リリースはまだか?」というお問い合わせを受けました。

このままフェードアウトしようかとも考えておりましたが、今後は基板の在庫が終了するまで受注生産とさせて頂くことにしました(基板在庫が終了次第ディスコン)。この場でご予約頂いて、最低生産枚数に達した時点で実装屋さんに発注をかけるという方向で考えています。

本日より開始し、お申し込みが所定数(今回は最低20枚程度)に達しましたら生産を開始します(7/1時点では基板以外の部品在庫もありますので、10日くらいまでにご注文が集まれば7月下旬ころに納品できると思います)。所定数に達した後でのご注文は、再度所定枚数に達し次第再生産という形にしたいと思います。次回以降は、部品の手配から始めますので、納品までの期間は長くなります。

ちなみに、ご案内している基板は、DSD信号は出力せず、汎用のS/PDIFでPCMを出力する従来タイプの基板の方です。価格は1枚13,000円です。

それでは、ご注文(ご予約)は下記からお願いします。ご予約をお受けした時点で、こちらからご連絡を差し上げ、再生産開始の前に再度確認のメールをさせて頂きます。

記事の追加により、このページが過去記事に埋もれた場合でも、右「カテゴリー」欄の「再生産ご予約」よりアクセス頂けます。

 

組込みに際しては右欄の「DSD2S/PDIF」カテゴリーの全記事に目を通されることをお願いします。組込み例は安全面まで含めて問題ないことを保証するものではございません。また、プレーヤーの技術仕様が途中から変更されている可能性もあります。組み込みに際しては安全面を含め、その結果については自己責任となることをご了承されたものとさせていただきます。

なお、本頒布は、自作DACに高音質ソースを追加して頂くことを目的とした、電気的知識のある方を対象としたものです。本基板そのもの、あるいは本基板を組込んだプレーヤーをオークションなどで転売されることは、固くお断りいたします。