月別アーカイブ: 2011年3月

WaveSpectra

WaveSpectraにはいつも大変お世話になっております。最近ではお使いになる方もかなり増えてきたのではないかと思います。

皆様もご存じのように、まともなサウンドデバイスとWaveSpectraがあれば、かなり本格的なオーディオアナライザーにもなってしまいます。

USB AUDIOとは関係もなく、脈絡もないのですが、話のタネに、こういう用途に使っている方はほとんどいないだろうという使用形態をご紹介します(普通の企業に在籍の技術者の方は高価な専用ソフトを使われるでしょうという意味で)。

今回はDACデバイスやデジタルフィルタICのデータシートによく出てくる「あの」チャートをWaveSpectraでとってみました。

最初のチャートは、半年ほど前にあるお客様(半導体メーカー様)のために設計した8倍オーバーサンプリングデジタルフィルタの特性です。やりようによってはこんなチャートもとることが可能です、という例です。一応DF1706相当を目安としたものですので、興味のある方はDF1706の特性と比べてみてください。ちなみに横軸(周波数)の数字は2倍にして読んでください。

次のチャートは1回の演算で16bit入力信号を4倍オーバーサンプリングするフィルタの特性です。こちらは横軸の数字をそのまま読んでください。

1回で演算するには少しタップ数が少ないこともあってストップバンドアッテネーションが上のフィルタに比べて見劣りしますが、*SAA7220Pは上回っていると思います。

ちなみに、オーディオアナライザで見ても同じですね。

*SAA7220P : その昔フィリップスから出ていた伝説的なDACであるTDA1541AというIC用に作られた純正ともいうべき4倍オーバーサンプリングデジタルフィルタ。今回、このICの特性もとってみようと思いましたが、お膳立てが少し面倒なので止めました。データシートにも特性が出ていないので是非とってみたいと思っていますが、おそらく博物館的な価値しかないような気がします(笑。

 

aplayexとXaplay

以前紹介させていただいた N様が、このたびaplayexの正式版をリリースされました。

またコマンドラインでの操作に不便を感じる方のために、マウスだけで操作できるGUIフロントエンドの、Xaplayもリリースされました。

インストール方法については氏のホームページをご覧いただくとして ( ダウンロードしたパッケージのpathが”Downloads” フォルダならば、sudo dpkg -i ~/Doenloads/aplayex_1.0.0_i386.deb などと打ち込んでEnterを押します ) 、このソフトを起動するためには、『アプリケーション』→ 『サウンドとビデオ』の中から”Xaplay” を選択します。下記の『コマンド設定』で選択されたプログラム、aplay か aplayexが自動的にバックエンドで起動します。

まずは接続されているオーディオデバイスを選択します。最初に『編集』から『コマンド設定』で”aplayex”を選択し、『デバイス設定』で”EZ-USB USB Audio” を選択します。

音声ファイル(.wav)はマウスでドラッグしてきてアプリの画面にドロップできます。

するとそのまま再生が始まります。

16bitのwaveファイルであることが表示され、24bitのUSB DUAL AUDIO用に下位8bitにゼロがパディングされた形で24bitとして、USB DUAL AUDIO基板にデータが渡されます。従来の”aplay”では16bitのファイルは再生できませんでした。

24bitのファイルの場合はそのままの形でUSB DUAL AUDIO基板にデータが渡されます。

以上、貴重なBit Perfect ソフトウェアが使いやすくなったというお知らせでした。

USB DUAL AUDIO基板 再リリース中です。

この度の東北地方太平洋地震で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

福島第1原発における3号機の脅威は少しは和らぎましたが、首都圏におきましても計画停電等で混乱しており、これまでのようにA級アンプでノー天気に音楽を聴くという気分にはなれないでおります。

とは言っても、地震前に部品調達が済んでおりましたし、都内の実装工場にお願いして生産をしておりますので、今月も予定通り再リリースできる運びとなりました。

ご注文は http://fpga.cool.coocan.jp/electrart/usb_dual_audio.html からお願いします。

なお、東北各県への発送については、宅配各社において引き受け制限があります関係上、大変申し訳ありませんがしばらくの間ご注文をお受けできません。どうかご了承をお願いします。

ひとまず終了しました。(3/25)

ハイレゾ録音用 ? ADC

HDtracksから出たストーンズのハイレゾ、なかなかいい音ですね。HDtracksから来た宣伝メールをみると、オリジナル真空管やclassAディスクリート回路でモディファイしたAmpexのテープマシンを送り出しに使い、emmLabsのADC8コンバータを使ってSONOMAで編集された、とあります。

ADC8とSONOMAといえば、初期のSACD作成の際の黄金の組み合わせですね!サウンドクオリティに気を使って丁寧にマスタリングされたものと考えられます。高品質のデータがどんどんリリースされるようになってきていますね。

ところで、192kHz対応のA/Dコンバータは、どれも概ね40kHz以上はデルタシグマのノイズが支配的かと思っておりましたが、必ずしもそうでないものもあるようです。

東陽テクニカ(オーディオプレシジョンの代理店)の人と話していた時に聞いたのですが、同社の新しいアナライザー(80kHzまで測定可能)には、旭化成の最上位A/Dコンバータが入っているそうです。型番までは聞きませんでしたが、これではないかと思われます(測定データはデータシートではなくて評価ボードの方に掲載されております)。

このA/Dコンバータでマスタリングすれば、変なところで急峻なフィルタを使ってデルタシグマのノイズ落とさなくても済むのではないかと思いました。

現実に、今現在出回っている少し前の機材では、業務用といってもQUADスピード(192kHz/178.4kHz)のハイレゾソースを作成するには少し無理があるような気がしますが、どうなのでしょうか?

 

HDtracksのHi Res — Stones

3/3 追記しました

遂にHDtracksからローリング・ストーンズの176.4kHz flacファイルの販売が開始されました。

つい最近、互いに全くつながりの無い2つの音楽制作関係者の方から、現存する192kHz (176.4kHzも含むと思います) のハイレゾファイルは(アップサンプリングに類するものがほとんどで) 音が薄くなってしまう傾向があってダメだという見解を(また聞きも含めて)伺いました。なんでも制作時から (マイクセッティングなども含めて) それなりに考慮して録音しないと良い結果は出ないのだそうで、制作のプロの現場では96kHz/24bitあたりがバランスのとれたフォーマットであるということでした。

私の場合も、現状では市販のQuadSpeedファイルにはあまり期待しておらず (というか、メジャーな音源はほとんど入手できませんから) 、もっぱら自炊によるものだけに頼っております。あっ、指揮者の北村さんのベートーベンのディスクは希少な例外です。

昔のオープンリールソフトからトランスファーした5.6HzDSDIFFファイルや176.4kHz/24bitのWAVファイルは、テープを聞くのとほとんど変わらぬアナログっぽい音を聴かせてくれるので、大変満足しているわけですが、ストーンズのようなメジャーがHDtracksから購入できるようになったのですから、これは大ニュースかもしれません。

結局、新規録音ではなく、どこかのアナログマスターテープからのトランスファー物だろうということで、自炊のイメージに近い出来になっているのだろうと期待していました。

買ったのは12 x 5 というアルバムです。同一タイトルの88.2kHzが約20ドル、176.4kHzが約30ドル、となっています。参考までに、1曲目のスペクトラムを載せておきますね。

40kHzできっちりカットしてありますので (それ以上はデルタシグマのノイズ)、88.2kHzに対するアドバンテージがどこにあるのかは判断が難しいと思われます。

たとえばTIのPCM420*系A/Dコンバータでは、176.4kHzで収録すればデルタシグマのノイズを気にしなければ一応40kHz以上の帯域にもスペクトラムがあります (もっとも私の耳にはそのような高周波は不要かもしれませんが・・・)。

3/3 本日同内容の88.2kHz版のflacも購入しました。

シーンが若干違いますがスペクトラムです。

 

fレンジは176.4kHz版と変わらないといえるのではないでしょうか?

1番目のチャートのように、デルタシグマのノイズを嫌って40kHz以上をこれほど急峻にカットするならば、あえて176.4kHzでなくとも良いのでは?

っと、1曲目の比較だけですが、ふと思いました・・・。