月別アーカイブ: 2012年9月

Beatles Remaster Vinyl LP

Beatlesのリマスター・アナログLPが11/13から発売になるそうです。

国内盤はEUからの輸入盤に日本語解説を付けたものになるようです。CDの時とと同じく、US Capitol盤が一番経済的なようです。

普通ならLPの話題はスルーなのですが、今回はCDやUSBと同じく2009年版のマスターを使用するのは同じですが、CDやUSBが24/192マスターを再生したD/A出力にリミッタをかけながら16/44.1なり、24/44.1なりで「再録音」して作られたのに対し、今回のアナログリマスターは24/192のマスターに遡ってリミッターレスでカッティングマスタを作成しているという話に引き付けられてしまい、当方の物欲をして無視できなくなってしまったのです。

ということで、私の理解に間違いがなければ現存するアナログマスターテープに最も近いことが期待できます。

大いに悩みます。マーラーやブルックナーをLPで聴きたいとは思いませんが、Rockならば問題ありません。EMIがユニバーサルの傘下に入る以上は、少なくとも国内では24/192での配信は夢の夢、今後はたぶん良くてまずはSACDがリリースされ、UNLIMITTEDでの24/96でさえ先の話になりそうです ( SACDがUNLIMITTED-24/192からのコンバートであればとりあえずそれはそれで「買い」ですが・・・)。

HDTracksで米国で24/192配信がOKになるようでしたら、どこかのプロクシ経由でもなんでも使って購入するつもりですが、当面の新たな悩みははアナログのプレイヤーをどうするかです。

 

最終試作基板

おそらくこれが最後になると考えているPCM2DSDの試作基板を本日受取りました。部品を実装して問題がなければ10月中にリリースできるかもしれません。

紆余曲折の末、デバイスはXilinxのXC3SLX9-2TQG144Cに決めました。

iPadのメモソフトで急きょ書き殴っただけですが、簡易ブロック構成図を入れておきます。上の本番基板にはI2S入力はLVDS(HDMIコネクタ)だけでなく、UDA基板の出力も直接つなげるように3.3V CMOSのコネクタを設けて選択可能にします。

また、8pinのDIPSWを実装できるようにしましたので、いくつか音質上の選択オプションを付けようかと考慮中です。

これで、これまで試作に利用していたXilinxデバイスを実装した流用基板が浮いてきますので、興味のある方に1枚貸し出しを考えています。数名の方にお一人2週間程度の期間で考えています。

あくまで、本来の目的とは違う基板を流用しているために、いろいろな制約をかいくぐっての流用ですので、本来不要な個所にPLLが入ったりとか、若干本番とは構成が異なりますが、評価には十分に値するものと思います。

希望される方が複数の場合は順番にお貸ししますので、その場合には直接当方が指定する次の方に送料元払いにてお送り頂けることが条件です(結果的に見ず知らずの方に個人情報が開示されます)。なお、UDA基板のユーザー様限定でお願いします。

HDMIコネクタ経由でI2Sを伝送する場合、UDA基板にフィデリックス社にて送信基板を装着していただいた方は、”DSD_H”フラグと、おそらく更に”SCLK”もHDMIコネクタ送信基板に追加接続する必要があると思います。一時期、当方が頒布したHDMI利用I2S送信基板をお持ちの場合は、そのまま接続して使えます。どちらもお持ちでない場合にはS/PDIFからの入力でお使い頂きます。なお、I2S接続時に必要なSCLKは22.5792/24.576MHzとします。

基板は、44.1/48/88.2/96/176.4/192kHzのPCMを、11.2MHz DSD, あるいは12.3MHz DSDに変換します。当方頒布のDSD1794A基板でご利用になれるように、DSD1794A設定用のI2C制御信号ポートが用意されています。

希望される方はメールを下さい。この週末にお申込みいただいた方の中から当方の勝手な判断基準で3~4名の方にお願いするつもりです。誠に勝手ながら、お願いする方だけに返信をさせて頂きますが、どうかご了承をお願いします。

この記事を流用してついでに連絡事項を・・・・・
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
お待たせして申し訳ありません。週明け3~4日頃に次のUDA基板の頒布準備が整いそうです。

も一つおまけに・・・。

前回の記事でご紹介した”DSD 原理基板” ですが、8TapのアナログFIRでは少々遮断特性が足りない(TIのDSD DACより遮断性能は劣りそう)と書きました。オペアンプによるポストフィルタも段数が最低もう1段は欲しいので、基板としてはリリースレベルには達していません。が、実験用として十分に目的は果たせますので、欲しい方に無償で差し上げます。

だいたいの回路図(修正前の回路図をセーブし忘れ、1部のワンゲートICと、オペアンプのポストフィルタ回路が実際と異なります)はこちらです。実験用ということもあり、ご自身で定数設計をされる方にお願いします。FIRフィルタも含めて定数は開示しません (良い定数が見つかったら教えて下さるとうれしいです)。 どうかご了承をお願いします。お分けする実際の旧基板はワンゲート品のインバータとANDゲートを使っていますが、実装しずらい0.65mmピッチのものです (最終的には一回り大きいパッケージのワンゲート品に変更します)。

希望される方はメールを下さい。先着5名様にお送りします。

少しづつですが進んでいます

PCM2DSD変換回路ですが、ALteraのCyclon3デバイス(EP3C25E)に格納した回路と全く同じ回路をXilinxのSpartan6(XC6SLX9)にも格納することができました。今の基板に載せたEP3C25Eは高スペック・高コストなだけあってどうやらオーバー・クオリティーだったということになります。

EP3C25Eのままですと、コスト的に頒布は無理だろうと思っていましたので希望が見えてきました。今現在、S/PDIFとI2S(フィデリックス方式HDMI)入力端子からの信号(PCMシングルからクアッドまで)を変換できるようになっています。

さて、週末に図のようなDAC基板が届きました。   PCM1704の2パラor差動基板ではありません。

74##574を4個載せたDSD Principle DAC基板です。チャネルあたり8個のDFFを使った8TAPのアナログFIRフィルタによってDSDのノイズを落とす方式の”差動DAC”基板です。アナログ部は2個入りオペアンプを使ったシンプル、かつ見慣れたI/V+フィルタ回路になっています。

組んですぐは「なんだこれ?」という音がしましたが、コンデンサなどのエージングが進んだのか、今現在は大分こなれてきています。既存のDACチップを使った基板では聴くことのできない音が楽しめています。残念ながら、どこをどうするとどういう音になる、といった「決め打ち」ができる程のオーディオエンジニアではないので、今のところ「目くらうち」状態ではありますが、普段聞いているDSD1794Aの、どちらかというと賑やか傾向な音とはまた違った美音(鼻音?)を聴かせてくれています。

単にスペック的な話でいうと、どうやら8TAPのFIRではフィルター性能的には少し厳しいようで、アナログ段のポストフィルタ回路でもDSDの高周波ノイズをきちんと落としてやる必要がありそうです。いろいろシミュレーションしてみましたが、8TAPではDSD1794Aに搭載されているFIRフィルタには、遮断性能では及ばないようです。データシートの特性図を見る限り、単純な8TAPではないようで、何らかの工夫があると思われます。

基板上のアナログ回路は、カットオフが200kHzくらいになっていますが、DSD256でも若干DSDのノイズが残っています。DSD64になるとさらにノイズが増え、愛用のHarbeth君には突っ込みたくない感じがします。

16TAPにするとシミュレーション上はかなり楽になるので、遮断特性にこだわるなら試してみる価値は十分にあります。

 

 

PCM2DSD256基板 その後

時間を見つけてはコツコツと続けていた甲斐があり、どうやら必要最小限の機能は実装できました。

具体的には、I2SとS/PDIFの双方の入力で44.1kHz~192kHzまでのPCMをDSD256に変換できるようになりました。
S/PDIF入力時には、DIR IC(CS8416CZZ)のリカバリークロックをジッターエリミネータICによって低ジッタ化してから変換できるようにもなりました。

基板の方は、切った貼った状態です(^^;; 。 本質 ( いかに音の良い変換をするか ) とは無関係に難しかったり面倒だったりする開発要素が多く、はっきり言ってオーディオが趣味でなければやってられない部分ばかりなのです(笑。

I2Sはシステムクロックも入力する必要があります。UDA基板の仕様と同様、48kHz系のサンプリング周波数の場合は24.576MHzを、44.1kHz 系のサンプリング周波数の場合は22.5792MHzが必要です。

何はともあれ、デジタルのフロントエンドは実用的になってきましたので、当面の課題は、既存のDAC ICを使わない場合での、アナログバックエンドをどうするか、です。