月別アーカイブ: 2009年1月

Microsoft Visual C++ 2008 ランタイム・パッケージ

うっかりしていました。当方が作成するプログラムはすべてマイクロソフトのVisual C++ 2008によって作成しております。お使いのコンピューター上に、上記開発TOOL ( Visual C++ 2008 ) か、あるいは上記TOOLを用いて作成されたなんらかの市販ソフトなどがインストールされている場合には特に問題ないのですが、そうでない場合には当方作成のプログラムが動作しない可能性があります。

そのような場合には、お手数ですがマイクロソフトのサイトから、Visual C++ 2008 再配布可能パッケージというものをダウンロードして、お使いのコンピューターにインストールしてください。当方のプログラムが使えるようになります。

 

(1/28) SDRAM_DAI for TDA1541A 再リリースします

大変お待たせいたしました。SDRAM_DAI基板 for TDA1541Aを再リリースさせていただきます。

説明書に関しては、PCM1794用を基本としてご覧いただき、TDA1541Aに特化した部分などについては、ブログの記事 (「SDRAM_DAI for TDA1541A その*」) にてご確認をお願いします。右のメニューからもショートカットしてご覧いただけます。

添付品はPCM1794版と同様、ワイヤーハーネスセットとなります。「送料」、「特定商取引に関する表示」については、こちらのページの内容を適用させていただきます。

価格は1セット22,000円とさせていただきます。LED基板(IC付き)をご希望の方は1,500円を加算してお振込みをお願いします(下記フォーム通信欄にLED基板を希望される旨をお書き添えください)。

お申込受け付け途中であっても、在庫が終了してしまう場合がございます。その場合、フォームからご注文手続きが終了できたにもかかわらず、次回頒布時までお待ち頂くことになりますが、なにとぞご容赦ください (その旨ご連絡いたします)。

 

申し訳ありません。終了させていただきました。数が非常に少ないので何卒ご容赦ください。PCM1794版とともに、細く長く続けます。もちろん、来月も再配布させていただきますので、どうかよろしくお願いします。

SDRAM_DAI (PCM1794版)再リリース開始しました

SDRAM_DAI 基板(PCM1794版)の再リリースを開始しました。お手数ですが、こちらのページからお申し込みをお願いします。

なお、SDRAM_DAI for TDA1541Aにつきましては、明日、あるいは遅くとも明後日には再リリースを開始します。SDRAM_DAI for TDA1541Aについては、本ブログ上からご注文をお受けする予定です。お間違えのないようにお願い致します。

DSDがPS3の光デジタル出力から176.4kHzで出たっ!

SONY PS3をお持ちの方に朗報です!?

といってもハッキングの類ではありませんので、その筋を期待された方はゴメンナサイ。

ここのところ2つの1bitオーディオ・ファイルフォーマットを扱ってみましたが、 実はもう一つ本家本元のSONYからDSDIFFに続く2つ目のファイルフォーマットが出ていることを知りました。あまり普及していないDSDですが、全部で3種類のファーマットがあることになります。

DSDIFFがどちらかというとPRO向きのフォーマットであるのに対し、SONYもう一つのフォーマットであるDSFは、より民生向きのフォーマットのようです。VAIOのグループが普及を先導?しているようです。

要は、(Sound Realityチップ搭載の※1)VAIOでアナログソースをDSDで録って、VAIOで聴く、というようなことを想定しているみたいです。で、それだけでは物足りないので、VAIOでCDからリッピングしたwaveファイルをDSFに変換してDSDの高音質を楽しむこともできますよ !? という付加価値もつけているようです。

基本的には自家録音愛好家のための機能ということになりますが、VAIOだけでは広がらないので、ピュア層を取り込もうという目的で、DSFファイルを所定のフォーマットで焼きこんだDSD DISC※2というディスクフォーマットを新たに定義して、一般ユーザが自分でCDを作れるようになったのと同じように、SACDもどき※2を作って鑑賞できるようにした!ということのようです。

で、このDSD DISCというのが最近発売のSONY製SACDプレーヤーであるSCD-XA5400ESとならんで、PS3でも再生できるということですので、どうしても試してみたくなりました(SACD再生ができない機種でもDSD DISCの再生は可能らしいです)。

とはいっても、DSFファイルは基本的にはVAIOを持っていないと作れません。 KORGのMR-1/1000/2000といった機種を買うと、PCMと3種類の1bitDSDフォーマット間を行き来出来るような変換ソフトが付いてくるので、これで生録をすれば素材はOKですが、さしあたって購入する動機としては弱いので見送りました。

SONYでは、このDSFファイルフォーマットを開示していますので、氏名とメアドを登録して仕様書を見せて頂くことにしました。一応秘密保持の義務がありますので、ファイルフォーマットの内容に関する事については一切言及できませんのでご了承ください。

DSFのフォーマットについてはわかりましたので、変換プログラムを作って件の1bitコンソシアムのWSDファイル※3をDSFに変換してみました。変換したファイルをDVD-Rに焼いてDSD DISCを作り、PS3に挿入したところ、見事に光デジタルアウトから176.4kHzのPCMデジタル信号が出てきました。PS3の光デジタル176.4kHz出力が初めて意味をもった瞬間でした(PS3のファームウェアは2.50)。

生録をやる方、バンドなど自演を録音する方、あるいは昔のアナログディスクやテープをDSDでアーカイブしておきたい、といったニーズに再生面で文句ない環境をPS3が提供してくれる事がわかりました。

アマチュアが現状DSDで録音できる手段としては、件のVAIOか、KORGやTASCAMのレコーダーくらいしか選択肢がないのが玉に瑕ですが。

※1  いわゆるPC用のAUDIOコーデックチップに、DSDで入出力できるI/Oを追加したものと思われます。
※2  ホームメイドCDのほとんどはPCで作成されていますが、SACDはPCで扱えませんし、作ることもできません。
      そこで、家庭で作れるSACDの様な位置づけとして「DSD DISC」というものを登場させたということです。
      つまりPC(ライティングソフトも)があればDVD-R等を使って個人で作成することが可能です。
※3  打楽器効果音ファイルについてはトゥイータや鼓膜にご注意ください。1部クリップするファイルもあります。
      WSDファイルの著作権を尊重してください。当方のプログラムwsd2dsf.exeの著作権はElectrArtが保持
      します。解析等は無用に願います。使用条件は「何が起きても自己責任です」でお願いします。
      使用法:wsd2dsf input_file.wsd output_file.dsf
      2.8Mサンプリング2chのWSDファイルのみに対応します。プログラムはファイルサイズ分のメモリを一気に
      確保する作りになっていますので、1bitコンソシアムにあるデータ以外の、ギガを超えるようなファイルを
      喰わせようとすると、システムが警告を出すかもしれません。

おまけ:最後に、当方がPC上で計算によって作り出した1kHz正弦波のDSDデータをDSFファイルにし、DSD DISCに焼いてPS3のビットマッピング/タイプ2で88.2kHz出力した結果をwaveファイルに録りましたので特別公開します。

DSD2S/PDIFデシメーション・フィルタ基板、再リリースします

お待たせして申し訳ありませんでした。ちょうど2か月ぶりにデシメーション・フィルタの再リリースをさせて頂きます。今回も引き続き256fs版と768fs版をご希望により選択頂けます。下記フォームの通信欄にご希望のfs種類を記載してください。基板価格は1枚13,000円とさせて頂いております。

256fs版を選択された場合、47オームの集合抵抗2個 (1個は予備)と、JALCO社製のS/PDIF用ジャック (SCD-XE600と完全互換ではありません。金属のシールドカバーを取り払ってお使い下さい) 1個のセットをオプションで提供させていただきます。ご希望の方は基板代に送料500円 (EXPACK500) と共に追加で200円を加算してください。このオプションセットを希望される場合も通信欄に「オプション希望」とお書き添えください。

組込みに際しては右欄の「DSD2S/PDIF」カテゴリーの全記事に目を通されることをお願いします。組込み例は安全面まで含めて問題ないことを保証するものではございません。また、プレーヤーの技術仕様が途中から変更されている可能性もあります。組み込みに際しては安全面を含め、その結果については自己責任となることをご了承されたものとさせていただきます。

なお、本頒布は、自作DACに高音質ソースを追加して頂くことを目的とした、電気的知識のある方を対象としたものです。本基板そのもの、あるいは本基板を組込んだプレーヤーをオークションなどで転売されることは、固くお断りいたします。

それでは、本年もよろしくお願いします。

FORMから入力可能でも、すでに在庫が終了している場合がございます(在庫と注文ページのリアルタイムな同期を実現するようなWebアプリを開発できていません。申し訳ありません)。その場合、大変申し訳ありませんが、次回までお待ち頂くか、いったん御注文をキャンセル頂くことをお願いすることになりますが、何卒ご了承ください。

続、1bitコンソーシアム

1bitコンソーシアムの音源はもう体験されたでしょうか?写真から見るところ、これらの録音はおそらくワンポイント収録されたものだと思います。非常に鮮度の高い、時にゾっとするほどリアルなサウンド(ブラボー + パチパチなども…)が収録できるんですね。

実は、数字だけのファイル名である打楽器音のWSDファイルは録音レベルが非常に高く、SACDの信号レベル規格をかなりオーバーしています(録りっ放し故に無調整!→ 生々しい!)。元日にアップロードした変換プログラムは、これらの打楽器音ファイルがクリップして歪まないようなレベル設定でwaveファイルに変換しております。

したがって、その他の音楽ファイルはダイナミックレンジを損した変換になっており、最高の状態で変換できているとは言えませんでした(1部、打楽器音ファイル並みのRECレベルのものがありますが・・・)。

そこで、バイオリン名器で演奏されたそれらのDSDファイルを、より良い状態でwaveファイルに変換できるようにチューニングした(以前のプログラムが「チューニング」されたものというべきですが)プログラムを別にアップします(wsd2wav1.exe)。新しいプログラムは、変換計算後に24bitに再量子化する際のテクニックとしてノイズシェーパを使っていますので、演算結果がDSD2S/PDIFデシメーション・フィルタ基板に更に近くなっているはずです。

ついでに変換実行用のバッチファイルも用意しましたので、バッチファイルに記載された音楽ファイルを1bitコンソーシアムのサイトからダウンロードして、実行してみてください。

ちなみに、melo***_2ch.wsdファイルなど、いくつかのファイルは元録音にかなりのDCオフセットがありますのでお気を付け下さい。当方はガダニーニの音が好みかな。

Windows Media Playerでは24/88.2kのwaveファイルが再生できないようですが、お手持ちのサウンドデバイスがそれをサポートしていれば、市販の波形編集ソフトをお持ちでない場合でもWaveSpectraで再生できる可能性があります。あきらめずに試してみてくださいね。

ところで、WSDファイルのヘッダを調べてみると、どうもKORGのDSDレコーダーで収録されたものではないかと思われます。MR-1とかMR-1000とかいう機種がありますが、なかなか面白そうです。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 1/12追記:世田谷区のS様より次のようなご指摘を頂きました(要約しています)。

《バイオリン音源は2004年の1bitフォーラムで、オーナーが直接国内に持ち込んで録音する予定だったのがキャンセルになり、日本から現地に機材を持ち込んで録音したものと記憶しています。また、当時はMR-1/1000は発売されておらず、研究用の機器を使ったと思われます。》

とのことです。ご指摘ありがとうございました。

念のため

dff2wav.exe ( ≒ DSD2S/PDIFデシメーション・フィルタ基板の88.2kHzモード時変換性能 ) の特性を念のため確認しておきました。結果は基板とほとんど同じ変換性能を有することが確認できました。1kHz, 10kHz, 20kHz, 30kHz の正弦波をそれぞれパルス密度変調してDSDIFFファイルに変換するプログラムを作り、dff2wav.exeによって ( 再度 ) DSD→PCM変換を実行して検証しました。

興味のある方は下のリンクでWaveSpectraのキャプチャー画面をご覧ください。

とりとめのない記事が続きますが・・・、私はアナログアンプはほとんど作ることが無いので、あまり経験がないのですが、ALPSの27型VRを使うと必ずハムに悩まされます。VRを含めてバラックで音出しをするときは良いのですが、ケースに入れると大抵ハムを拾います。

景品のヘッドフォン基板を、タカチのUSシリーズに組み込んだ時も同じでした。結局、フロントパネル内側の塗装をサンドペーパーできれいに剥がして導通を確保し、VRの全面金属ケース部と接触するようにした上で、この電位をアースに落とす ( 今回の場合はヘッドフォン基板の信号線コネクタのGnd ) といった対策でハムを追放しました。

アナログアンプ自作ファンの方々はどうされているんでしょうね・・・。

おしらせ

高音質配信サイトのリンクがおかしかったですので修正しておきました。ご迷惑おかけしました。

本日、プレゼントの品物を発送いたしました。ちなみに、ヘッドフォン基板の応募総数が35、ケミコンはなんと2でした。予想していたよりも低調でした(^^;;
景品に魅力がなかったか、あるいは帰省中でアクセスが少なかったかのどちらかなのでしょう。

景品ごとにメール到着順に番号を振り、基板の方はネットでゲットした「抽選くん」なるソフトを使って数字を3つ順に選びました。

ケミコンの方は2者択一になるのですが、上記ソフトでは100%選択される方が決まってしまうようですので、単純に丁(1)半(2)ばくちで選択しました。

高音質配信サイト

LINN RECORDなどに代表される、DRMフリーなLossless高音質配信サイトについて調べていると、ノルウェーで面白いサイトを見つけました。

32bit/352.8kHzという超ハイスペックな収録音源によってSACDをリリースする傍らで(つまりPCM→DSD変換が噛んでいる)、高音質配信に乗り出す準備をしているようです。その一環として評価期間内?にいくつかの音源を無償配信しています。

面白いのは、24bit/352.8kHzのWaveファイル(一般Audioファイルには再生環境がない)とともに、SACDの編集マスタファイルであるDSDIFFフォーマットのDSDデータまで配信していることです。

こんなものを配信しても、ますます誰が使えるの?という感じですが、海外の提携先レーベル発掘のためのプロモーション用途といったところでしょうか。

面白いので、DSDIFFファイルをダウンロードさせて頂きました。DSDIFFファイルについては、本家本元PHILIPSのフォーマット仕様書が「流通」していますので、同じように24bit/88.2kHzのWAVファイルに変換するプログラムを作ってみました(正月休みに感謝)。

1/6 12:17 バージョンアップして、2GBを超えるような大きな(実用的な)DSDIFFファイルもきちんと扱えるようにしました(当方の環境で動作確認しました)。上記リンク先プログラムは修正済みです。

1/10追記:業務用としてお使い頂くことを考慮して、32bit浮動小数点waveファイルへ変換する正式版をアップします。ご評価いただけると幸いです。 こちら→正式版dff2wav

使い道としては、

  1. PCM収録→DSDマスタリングのSACDを、DSD2S/PDIFデイメーション・フィルタを使って再度PCMに変換して再生すると、音がどのように変わってゆくかというところを、元PCM音源と比較して評価することができそうです。
  2. TASCAMのDV-RA1000などを使用してDSDで録音してしまった?ファイル(DSDIFF)をWaveファイルに変換してPCで再生することができる。

といったところでしょうか。まあ、いずれにしても多くの人が必要としているソフトでないことは確かです(^^;;)

上記2.の関連でいえば、例えばDSDIFFを32bit/176.4kHzのwaveファイルに変換できるように拡張すれば、(業務用)PCMデータ編集用ソフトなどに喰わせる高品質の元PCMデータを作成できるようになります。

==== 注意 ====

本プログラムdff2wav.exeは、下のwsd2wav.exeと同様、無保証ですがご自由にお使い頂けます。使用条件はwsd2wav.exeに準じます。

本プログラムは2ch非圧縮のDSDデータを格納したDSDIFFフォーマットV1.5のファイルのみに対応します。マルチchのDSDデータを格納したDSDIFFファイルに対して、本プログラムを実行しないでください。マーカーや編集マスターチャンクなどは一切無視します。また、可逆圧縮データであるDSTチャンクを含むファイルは読み込みを拒絶します。

コマンドプロンプトで、dff2wav inputfile名.dff outputfile名.wav と入力してEnterキーを叩いてください。

抽選結果

沢山のご応募・ご挨拶を頂きましてありがとうございました。すべての方にお返事を差し上げられませんでしたが、本欄でのご挨拶をもって代えさせて頂きますこと、何卒ご容赦ください。引き続き、本ブログをご愛読いただけます様にお願い申し上げます。

1.組込み用ヘッドフォン基板完成品

s_onodera13さん

1の次点.同生基板、ジャック、ALPS27型VRセット

toroさん、北斗星さん

2.オーディオ用ケミコン詰め合わせ

やまさん

に決定いたしました。明日より順次発送いたしますので、今しばらくお待ちください。